正しく反省するということ。

PDCA.jpg


トライ&エラーの記事は、もう3つ目になるでしょうか・・・。
飽きもせず、どんどんと書いていきます!



上記の画像とは少し違いますが、トライ&エラーの基礎は、まず「行動」をおこし、その結果を「反省」し、「次の行動」につなげていく・・というものです。
これについて、ちきりんさんが面白い記事を書いていましたので、別の機会で取り上げたいと思います。


行動をおこすというのは、意外と簡単なことです。
いつもと少し違うことをやってみるというのはもちろんですが、正味普段の立ち回りだけでも行動をおこしていると言えます。ゲームの状況というのは、毎回必ず違うわけですからね・・。
そして、行動に対して結果は必ずついてくることから、反省というプロセスが生まれてきます。

ところで、反省と簡単に言いますが、どのようにして反省すれば良いのでしょうか。



ある人は、負けた理由は自分にあると、自分を「戦犯」扱いします。
事実、1プレイヤーが1つのゲームで犯すミスは、小さなものから数えると凄まじい数になるでしょう。
それらが積み重なった結果、自分が全く活躍できず、チームを逆キャリーしてしまった・・・と自身を反省します。

またある人は、負けた理由は他のチームメイトにあると、チームメイトを「戦犯」扱いします。
これも、たとえばTrynやVayneを凄まじくFedさせ、もうどうしようもなくなることもあるでしょう。
確かに自分も少しミスはあったが、それはチームの勝ち負けには関係がなく、直接的に戦犯となったのは他のプレイヤーだ、と責任を押しつけます。


上記の2例は両極端なものです。特に、後者の例はもはや反省していません。そういうゲームもたまーにあったりしますけどね・・・。
対して前者は自分のミスを認識し、反省しているように見えます。

確かにミスを認めることは大事です。まずはそこから始まり、反省へとつながっていくのは事実です。
しかし、ここまで自分を責めてしまうと、逆効果となります。ある意味では、後者の「自分以外が悪い!」という考えに匹敵するほどです。



具体的な例を出してみましょう。

Topレーンで対面に勝利し、タワーを折った場面を想定してみてください。
チャンプは何でもいいですが・・・、ここではしばな(ドラゴン娘)としましょう。
そして、タワーを折ったしばなはどんどんとPushし、敵ジャングルを積極的に荒らしに行ったとします。

他レーンの状況やどんなチャンプがRiftにいるかでもかなり変わってくるのですが、ここでしばなが敵Top・ジャングル・Midなどに囲まれて、何度かKillを取られたとします。
そうして、育った敵キャリーによって集団戦は敗北し、結果的にGGまで至ったとします。


ここで、上述した「自分が戦犯だった」と反省する人は、何もかも自分の責任だと考えます
自分がもっとWardを置いて警戒すべきだった、自分がスローPushをすべきだった、自分が他レーンに顔を出すべきだった、自分が自分が・・・。


あーもー、悪い方向にネガティブが働きすぎです!そんなのは反省とは言いません。


このゲーム、他人と勝利を目指すものですから、ある程度の割り切りが必要です。
自分1人でキャリー力とタンク性能を持ち、Wardをばらまいてタワーを素早く折る・・・なーんてことは絶対できないわけです。
つまりは、ゲームに負けた責任は、チームの5人全員に等しくあるのです。普通に考えれば当たり前のことですけどね。


そこを1人でネガネガ考えていたのでは、「正しい反省」などできるはずもありません。
自分にミスがあった、立ち回りに問題があった。
でもそれだけじゃなく、だれそれにもこういうダメなところがあった。
だから結果的に負けた。
・・・そういう分析ができないと、反省が変な方向に向かってしまい、せっかくの上手くなるチャンスが無為になってしまうのです。



先ほどのしばなの例をみてみましょう。
少なくともTopは勝っているわけです。タワーを折るまでの行動に、それほど問題はなさそうです。
その後、今回のしばなはPushし、敵ジャングルを荒らしに向かいました。

ここで、もっとWardを置けばよかった、というのは正しい反省です。敵ジャングルを制圧することは、勝利につながります。
しかしこの時、味方ジャングラーもMidも自陣ジャングルやレーンでのうのうとFarmをしていたとしたらどうでしょう。(特にMid)

せっかくTopが制圧しかけている敵ジャングルを無視し、自身のFarmを優先することは、よろしくない選択肢です。
Topやジャングルと一緒に敵陣に入り込み、複数人で制圧するのが良策のはず。実際、そこまでするとMidのタワーも幾分か割りやすくなるでしょう。
それらの味方の行動が無かったのなら、しばなが囲まれてやられてしまったのも、しばなだけの責任ではありません。
そこを認識することなく、「自分だけが悪かった」と嘆くのは、本当に無意味です。ストレスもたまっちゃいます。



─────────



ということで、ゲームの反省をする時は、ある程度割り切ることをおススメします。
具体的に言うと、「ここまでは自分の責任だけど、これについてはお前が悪い!」と、ほどよく味方に責任転嫁しちゃうのです。


実際、このように考えようと心がけるだけで、味方の動きにも気がつくようになります。
ここをこうしてほしかった・・と味方を分析することは、ひいてはゲーム全体の理解力向上にもつながります。自分のRole以外のことを考えているわけですから、それはそうですよね。

また、知り合いとゲームをした際も同様に、このようなことを考えてプレイしてみましょう。
自分の思考が及ぶ範囲には、限界があります。しかし、この考え方をするだけで、お互いのことを指摘しあえるようになります。
反省が上手く機能し、効率的なトライ&エラーができること間違いなしです!



Annie.png < 1+1は2じゃないぞ。1+1で200だ。10倍だぞ10倍!





★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー