FC2ブログ

ラスト1体のミニオンを倒すときに生じる、意外な隙。



私、ずっと思ってたのですが・・。
ふつーにちまちまとラストヒットを取ってレーニングを行っている間はふつーなのですが、Pushして残り最後の1体をラストヒットを!という時、途端に無防備になる人っていませんか?

アニーちゃんで相対するとよく分かります。スタックがたまっているアニーちゃんにおいそれと近付く人はいませんよね。
でも「このミニオンを倒したらPushしきれる!」という時だけは、何故かこちらの動きを度外視して無防備な姿をさらす人、よくいるんです。




なので、そんな時はアニーちゃんですっと前に出てスタンQW+AAで、カンタンにフリーハラスを行えます。
それがたとえば、Lv6になった頃で、こちらにフラッシュもイグナイトもあるような状況なら最高!あとは次のスタックがたまり次第、飛び込んでフルコンボすれば300ゴールドの臨時収入がアニーちゃんの懐に入るというボロい商売なのです。ぬれてにあわ!











lhmin.jpg
(対面が見えないなら、安心して最後までラストヒットに集中できますが・・)


なぜ人は、「あと1体倒せばPushしきれる」という状況において、無理にでもラストヒットを狙いにいくのか。
その後ですぐリコールするのならまだ分かりますが、なぜそうでもないのに相手にかっこうのハラスチャンスを与えてまで行うのか。


その心情としては、早く倒してきっちりPushしたいという一種の焦りと、最後の1つのラストヒットが惜しいという欲心があるのでしょう。


その欲が原因で、上述のように対面から手痛い攻撃を受けて後のレーン戦に悪影響が出てしまったり、またはそのわずかな時間で敵ジャングラーからGankを受ける余地を作ってしまったりするのです。
・・後者は少し結果論的なお話ですが、実際に「ほんとはレーンに残ってPushしたいけど、それを捨ててロームなりリコールなりするということがベターな場合だってあります。

されど1,2個のラストヒットですが、たかが1,2個のラストヒットです。
すぐ近くで局所戦が起こったとして、それを無視してファームするのは悪手だと誰しも分かるはず。それは極論かもしれませんが、そのファームの時間を何か別のことに投資できる!ということは、常々考えておきたいものです。















Heimerdinger.jpg ico_Malzahar_20141226232141edc.jpg
(Push勢代表格)


ちなみに、アニーちゃんとしては当然「レーンを押される方が多い」ので、どうしても隙を見せない対面にはこうしたアプローチの仕方もあります。
相手が元々リコールする予定だったら意味のない戦術ですが、それ以外なら結構効果的。近接系のチャンプのみならず、遠距離系のチャンプに対しても意外と通用するよ!





ico_Annie.jpg < その分、立ち位置は少し工夫しなきゃだけど。遠すぎず近すぎず!










★★(以下、欄外)★★


たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト