ジャングラーのムダなレーンカバーの一例。



ジャングラーとして森を回っていると、レーナーからこんな声が挙がることがあります。、

「リコールするからレーンカバーして!」
「ロームするからその間レーン守って!」


カバーに行くこと自体はカンタンですが、別に行かなくてもいいこともあるんですよ。












◆カバーすりゃいいってものでもない


そもそも、ジャングラーがレーンをカバーする行為って、2つの点においてリスクを負っているわけです。

ひとつめは、ジャングラーとしての時間を失うこと。
Gankしたり敵ジャングラーの襲撃に合わせてカウンターGankをしたり・・といった行動ができなくなります。レーンをカバーしている間、ジャングラーのメインとなる動きはできません。

ふたつめは、ジャングラーの位置を敵に教えること。
Topレーンのカバーをすれば、その間敵のMid・Botレーナーは、Gankにおびえる必要がなくなるのです。レーンをカバーしてる間、ジャングラーの放つ「Gankのプレッシャー」は効力を無くします。










では、レーンをカバーしなくていいのかと言われれば、そんな単純な話でもありません。
具体的に、どういう場面だったらレーナーの「カバー要請」を無視していいのでしょうか。



一番分かりやすいのが、タワーに押し付けられる敵Minionの数が少ない時。

tktwt1.jpg

たかがMinion2体や3体分の経験値とCSを得るために、ジャングラーがわざわざレーンに出て行く必要はありません。
ムダです。そんなことをするヒマがあったら、ジャングル内でFarmしましょう。





あと、どう見ても守りきれそうにない時。

tktwt2.jpg

折れそうな1stタワーに敵が3,4人迫っていて、カバーできるのは自分1人。カバーする意味がありませんし、そこでKillを取られると最悪他のオブジェクトまで失うことになります。
ムダです。そんなことをするヒマがあったら、敵のそれからの進路を予測してWardを置きましょう。










レーナーの心理からしてみれば、Minionがタワーに押し付けられて無為に焼かれてしまうのは、どうしても抵抗があるものです。私自身よくMidレーンに行きますが、ついついアシストPingを出してカバーを求めてしまいます。
しかし、実際ジャングラーとしてカバーに入ってみると、「あれ。これって自分がわざわざ来なくてもよかったんじゃ?と思うことが多々あります。その最たるものが、上述した2つの事例です。


ジャングラーとして、有限の時間をチームの勝利のために使いたいなら、そうしたムダを減らしましょう。
必然、視野が広がりチーム全体の益となるはずです。





ico_Annie.jpg < 行かない勇気も大事。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー