FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴はPingを鳴らしてから。

先日(と言ってもかなり前ですが)、坂本龍一さんが某所でこんなことを発言していました。
「僕が世界のあちこちに行って思うのは、管理社会の圧力が世界的に高まっているということ。極端に言えば、路上にごみひとつ落ちているものも許せないような、社会にモノ申す者を排除する力が強まっている。」
そもそも、私は坂本龍一さんという人を全く知らないのですが、この発言は今の日本の「窮屈な社会」を的確に言い当てていると思います。


一方、先日(これはつい最近ですが)ツイッター上で、知り合いと「公共交通機関の遅延」について、ちょっとした議論を交わしました。
知り合いのスタンスは「遅延は不可抗力であってもダメ」であり、私のスタンスは「不可抗力ならば遅延は許すべきで、それによって生じた損害もユーザーの責任」というものでした。内容に興味がおありの方は、私のツイッターのTLを追っていただければ見ることができます。


上記2点、枝葉では違うテーマに関する話のように見えますが、根本は同じです。
つまり、人々は完璧を求めすぎだということです。
路上にごみがひとつ落ちていることや、公共交通機関が数分遅れることを受忍できない人が増え、それらの人が空気を作り、組織を作り、社会を作っているのです。

こうなってしまうと、非常に窮屈な社会となってしまいます。
ひとたび声を上げた人が、(どんなにその内容が正論だったとしても、)他のちょっとした曇りをみんなが寄ってたかって突っつき、ボロボロにしてしまう・・という現象が起きます。
自らは声をあげず、声をあげた人を徹底的に洗って汚れを見つけ出し、そこを執拗なまでに叩く。それが現実に、当たり前となっています。


かなり話がそれているように見えますが、LoLではどうでしょうか。
どのTier帯でもそうかもしれませんが、多くの人が誰かの立ち回り・ビルド・その他もろもろの理由で「あいつのせいで負けた」と主張します。
しかし、ゲーム内でそれらを指摘し、積極的に勝ちに誘導しようとした人はどの程度いるのでしょうか。敗因を誰かのせいにしたがる人たちは、無謀なタワーダイブやバロンスタートに対し、鬼Pingでやめさせようとしたのでしょうか。
言わば「あいつのせいで負けた」というゲームの実態としては、そのような状況でも特別何もせず、チームメイトの無謀な行動を放置した結果敗北した、とさえ言い換えることができてしまいます。



─────────



日本人は往々にして、自己主張が弱いとされています。要は、自分の意見を前面に押し出さないわけです。
もちろん、出さない方が良い場合もあります。イライラして「Noob」などと煽る行為は、全くの無意味です。
それを除いたとしても、タワーを折るべきだ、ドラゴンを、レーンをカバーしてくれ、等々の主張を「阿吽の呼吸」でチームメイトに察することを要求している人が多いのではないでしょうか。

確かに意見を主張することは、相応のリスクを伴います。
その意見が間違っていた場合、チームを逆キャリーすることにもつながりかねません。その試みが失敗すれば、前述のようにチームメイトから責められることもあるでしょう。そして、それが嫌だから自分は何も言わない、という人もいるでしょう。
それはそれで全く問題ありません。しかし、一方で「チームメイトに一切文句をつけられない」という足かせをつけられていることをしっかりと認識すべきです。無謀な行動をその場で咎めない以上、その行動に難癖をつける権利は無いのです。


幸いなことに、LoLには優秀なPing機能がついているため、チャットができなくてもある程度まではPingでコミュニケーションをとることが可能です。
それを放棄し、味方の博打が運よく成功すれば甘い汁を吸い、失敗すればそれみたことかと叩くのは、あまりにも卑怯です。
博打があまりにも危険だと判断できた時、勇気をもって指摘しやめさせようとするか、一切の言葉を飲み込んで全ての結果を容認するか、それはプレイヤー次第です。




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

-  

こういう話もたまにはいいですね。

LOLの思考方法など面白くて見てます。

2014/05/29 (Thu) 00:07 | REPLY |   

Tarrubou  

コメントありがとうございます!
最近は、リアルの話にLoLを結び付けて考えることがマイブームなのです。
ただ、この記事も前半と後半をしっかり結びつけることができず、駄文になっていますが・・・。

これからも、見てやっていただけると幸いです!:D

2014/05/29 (Thu) 18:18 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。