FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?

先日、ものすごく久しぶりにバレーボールの試合を生で見る機会に恵まれました。
球技が苦手だった私にとって、バレーとかいうスポーツを見るのは、本当に高校の授業以来のことです。

そこで感じたのは、「LoLも、やっぱりスポーツなんだなぁ」ということ。今回はコート内に6人いるタイプのバレーだったので、LoLと競技人数が近く余計そう思えたのかもしれません。


バレーの「ば」の字も知らないような私が言うのもアレですが、バレーという競技は、チームワークが勝敗に関わる割合が非常に大きいものだと思っています。
プロの試合をテレビで見ていても、選手同士で激励し、フォローし、支えあっている様子がはっきりとわかります。当然、そのような信頼関係が築けているからこその戦略などもあるのでしょう。
今回私が見たバレーはいわゆる「ママさんバレー」で、30代以上の女性が体にムチ打ってコート内を動き回るのですが、そんなバレーでも掛け声が切れることはありませんでした。もしかしたら、試合内のコミュニケーションも、バレーをプレイする楽しみなのかもしれません。



さて、LoLはというと、(Premadeは別にして)一緒のチームになった仲間同士と信頼関係を築くことなどまずできません。
当たり前のように飛び交う「Noob」「dis ○○」「why」「report」などなどなどなどの煽り言葉。
『MOBA速報 様』の記事でも紹介されていますが、枚挙にいとまがありません。

しかし、ご存じのとおりLoLはチームプレイで勝利を目指すゲームです。
技術と理解力において、彼我の差がありすぎる場合は別かもしれませんが、自分1人だけの行動では勝てっこありません。
そのような中で、チーム内のコミュニケーションを乱すような上記の言葉を使うことは、チームを逆キャリーしているも同然です。煽りが無意味だとか、そのような次元の話ではありません。

もしリアルのバレーにおいて、少しでもミスをしたチームメイトを「へたくそ」とか「何考えてるの?」などと罵ったらどのようなことが起きるか、小学生でも分かりそうなものです。
LoLではなまじ顔が見えないことや匿名性が守られていることから、沸点がドライアイス並みになるプレイヤーが多いのでしょう。
しかし、LoLはチームで勝利をめざし、その過程をも楽しまんとするスポーツです。
バレーのように英語でのコミュニケーションを楽しめ、というのはハードルが高いですが、せめて無為でばかげた言葉を使わないよう、肝に銘じたいところです。


※参考:ちーむわーく おーぴー



※参考2:私の金への昇格戦においても、チャンプのPick時から良いチームワークを発揮するツワモノがいました。
「アニーちゃんの成長記録 │ ~5/16」




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。