知恵袋の”ボツ”袋。 ~3枚目~



春といえば、ボツ記事が氾濫して【たるぼう】が処理に困る季節。
【この前】痴態をさらしたばかりですが、次いってみよー!




※ひじょーに長いので、引用文は飛ばし読み推奨。






新年度を間近に控え、いよいよ本格的な就活シーズンがやってきました。

http://job.mynavi.jp/conts/2016/schedule/

最近の就活市場はイマイチどうなっているのかよく分かりませんが、なにやら国や経団連が動いた結果、就活スケジュールがだいぶ変わってくることになるのかな?
これからの時期、街にはリクルートスーツをぴしっと着用した量産型就活生がはびこり、その中の一部の人は就職先が見つからず、さらに一部は「あの世」に永久就職してしまう・・といったことが起こるわけです。

・・一種の社会問題ですよね。





かくいう私も就活にはひじょーーーに苦労しました。

何せ、学生時代の私は「吃音」のケがあったのです。頭の中では考えがまとまっているのに、上手く口に出すことができないことが常でした。
そのせいで混乱して頭の中がぐちゃぐちゃになり、さらに口からは言葉が出ず・・といった負のスパイラル。職場の同期からも、「集団討論の時の○○は、どもりすぎて何言ってるか分かんないくらいだったよ」と言われたほどです。



そんな人間が、面接を突破できるはずもありません。
筆記試験は難なく通るものの、面接となるととことんダメになり、ことごとくハネられてしまいました。
それを受けて、いわゆる「就活シンドローム」のような状態に。自分はダメダメなんだ・・と自己暗示をかけてしまい、さらに面接は以下略。
研究にも身が入らなくなってしまい、どんどんと深みに沈んでいきました。






最終的に自分と相性の良い人事とあたることができ、その結果今の会社に就職が決定したわけですが、とにかくそこに至るまでが苦境の極みを呈していました。
さすがに命を絶つことまでは考えなかったものの、「人生終わりだ・・」くらいのことは考えていたように思います。本当はそんなことないのにね。


という長い前置きでしたが、ここではWeb上に氾濫している「面接時に注意した○つのこと」とかいうお題目で書いていきたいと思います。タイトルと違うのは仕様だよ。
今まさにエントリーシートをカキカキしている君はもちろん、まだ高校生・大学1,2年生の方々にも有意義な情報となるはず?













◆面接なんてテキトー

()

第一に念頭に置くべきはこれ。面接なんて、実はたいしたことないイベントなんです。


・・いや、分かります。
確かにあなたの前にずらずらと並んでいる人々はその会社の中枢を担うような人材が多いですし、そんな人たちはそもそも人生の大先輩。会社を支える大御所がわざわざ出張ってきて「入社希望者の人を見る」のですから、萎縮してしまうのは仕方がありません。

それに、だいぶ昔から「コミュニケーション能力重視」なんて言われていますから、それを見極める土壌がどーでもいい舞台であるとはなかなか考えられません。緊張して当たり前です。



ただ、面接官が見てるものって、学生が想像しているものとはかけ離れている場合があります。



たとえば、彼らが重視することは「面接で何を話したか」や「応募者の考え方」などではないかもしれません。
人づてで聞いたことですが、実際に面接者の「能力」ではなく、「年齢」で採用が決まるということもありがちだ、とのこと。(※この例は、仕事内容が誰でもできるような簡単なものだからこそ、ではありますが)
そうなると、いかに立派な経歴を持ち、いかに仕事ができそうであってもあまり意味をなしません。言うまでもありませんが、いかに「面接の現場で上手く話せるか」なんてもってのほかです。



つまり、どうやっても成功しない場面、いくら頑張って「正しい面接」をやっても報われない場面というのが確実に存在します。













・・ここで話をまとめることができないと悟り、うなだれてペンを置いたのでした。。
それなりに良い記事が書けそうだったんだけどなぁ;;




ここで言いたいのは、つまりこういうことです。


面接って、難しそうですよね。採用担当者どころか、社会人自体みんなスーパーマンに見えてしまいます。
ところがその実は、簡単なんです。面接は、自分のことを話すだけの場。採用担当者は、ただのおっさん。社会人もみんな、穴だらけのろくでもない人間ばかりです。



そうして社会に入り、働き始めるとそういうことが次第に分かってきます。みんなバカばかりに見えてきます。
そうすると、「中身の中身」が実は難しいことに気付いたりします。この前までどーしよーもないほど使えないと思っていたおっさんが、実は幅広い人脈を持ってチームを底から支えているすごい人だったり。知らない間に自分のことを影で支えてくれていたから、今までやってこれたんだ、と気付いたり。

そうしてはじめて、自分の存在のちっぽけさに気付いて絶望するわけです。これ、かなり多くの人が通る道だと思うんだけど、どうだろう。






今回の記事のニュアンスは、「就活Tips」です。ただ、私が言いたかったのは上に書いた「若気の至り」について。
そのため、記事の内部で剥離が起きて、まとめきれなかったのですね。うーん、自分で書いてて納得。。

・・・以後気をつけます;;





あにー < もったいないなぁ。









★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー