こそこそドラゴン。こそドラゴン。



ゲーム序盤において、「まさかこんな早くからドラゴンはしないだろう」という敵の裏をかき、こっそりドラゴンをいただく行為。
私の身内ではその行為を『こそドラゴン』と呼んでいました。

元はといえば、身内のジャングラーがプロのゲームから早期ドラゴンのノウハウを習得してきたことが始まりでした。
以降、『こそドラゴン』は彼の十八番となり、大抵のゲームにおいてソロでドラゴンを狩るドラゴンスレイヤーとなっていました。




【某ブログで言及されていた】ように、今後どんどんLv3ドラゴンが開拓され、特にジャングラーのストレスは結構なものになるでしょう。
視界も取れていない状況でLv3ドラゴンをされると、バフはもちろんドラゴンタイマーも管理され、2nd以降のドラゴンも取りづらくなってしまいます。

ただ、私はらむすとあむむでしかジャングルを回らないため、いまいち『こそドラゴン』のやり方がわかりません。

ということで、パイオニアに聞いてみました。











◆こそドラゴン(Lv3ドラゴン)の手法

kosodr_20150228201000799.jpg


このブログでもたまに名前が出ていた、「某Aさりさん」にお話を聞きました。
たらたらと書いても仕方ないので、箇条書きで一気にまとめますね。




○どちらの陣営でも、以下の手順を踏む。ビジョンはいらないかも?赤スタートでできるかは不明
青バフスタート → Lv3リコール → 赤ぽ*5、ビジョン購入 → ドラゴン

○原則ADチャンプが可能

○敵に見つかった時点で失敗



参考として、【こんな記事】も紹介してもらいました。中にはLv2で可能という恐ろしいチャンプも。
・・ほんとに、ほとんどのADチャンプで可能なんだなぁ。










◆こそドラゴン対策

Lv2-3というと、まだまだレーン戦が始まったばかり。こうした時不用意にレーンを離れると、最悪Lv差をつけられレーンを制圧されてしまいます。
ということは、こそドラゴン対策ができるのはレーナーというよりむしろ、ジャングラーかサポくらいとなりますね。

具体的にはこんな感じ?



○ジャングラーがLv3でカニを狩るか、ドラゴンにWardingで敵のソロドラゴンを警戒

○サポがドラゴンにWarding

○誰かがドラゴンの巣奥側にビジョンを置いておく



湧いたばかりのカニは意外に狩りやすく、この1分Wardをもってドラゴン警戒とすることができそうです。
また、序盤からドラゴン前などにWardingすることは、基本ですね。

もしかすると、誰かが捨てWardになることを承知で、ゲーム開始初期からビジョンをドラゴンに放り込んでおくことも良いのかも?
ただ、100円をそれだけに使うのはかなり微妙ですし、結局はこまめなWardingが一番なのかな?





あにー< 「こそ泥」ともかけてるんだけどね!








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

ドラゴンスタートが出来るjunglerがいるらしい(小声)

!?
Taricスタート以来の斬新なスタートが、今現実に・・・?
非公開コメント

プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー