人は、許し許されつつ生きている。



250px-Matsudaira_Sadanobu_2.jpg
(松平定信)


『白川の 清きに魚も 住みかねて
元の濁りの 田沼恋しき』



江戸時代の三大改革のうちのひとつ、松平定信による「寛政の改革」を皮肉った、有名な歌です。

この改革の前に田沼意次によって行われた「汚い政治」を改めるべく、クリーンな政治を推し進めた結果、それがあまりにも厳しすぎた(清すぎた)。
汚れが取り除かれて魚たちはみんなハッピーになるはずが、何故か生活は前より苦しい。ああ、濁りがあったとしても、元の田沼が恋しい・・。

そんな意味が込められた歌ですね。当時の人は、センスあるなぁ。




ところで、これと同じような現象が、現代に起こっているような気がしませんか?
つまり・・、「以前より正しく清くなっているはずなのに、どこか息苦しくて生きづらい」世の中になっている気がしませんか?











◆「許されつつ」生きている

これについては、私が前々から思っていたことですし、実際にこのブログで言及したこともありますが、ある方が的確にまとめていたのでご紹介。

【テレビがつまらなくなった訳 --「本気論 本音論」さま】



ひじょーに長いので、一部抜粋しますね。




人間は…

もっともっと、リラックスして生きている。ダメなことはダメだ。
が、その…ダメなことをしちゃうことも受け入れながら生きているのだ。
人間はバカで、だらしなくて、だからこそ愛すべき存在で、だからこそ楽しさや苦しみがあるのだ。

人間が生きる生活には…本来もっと『のりしろ』があるべきなのだ。
そして、多くの人間はそんなこと、とっくの昔に知っていて、だから人間みんな、うまいことやりながら許し、許され、生きている。






最近はテレビだけじゃなく、行政も何もかも、
「そこまで怒らんでも」ってことに対して、怒りすぎ、
「そこまできちきちせんでも」ってことで、きちきちしすぎなんです。





これ、ほんとーにその通りですよね・・。








ID-100196338.jpg


最近の日本人の「叩き性質」は、それはもう異常なものがあると言えます。


彼らが叩く理由は、確かに正論です。世間のルールブックには確かにNGだとはっきり書いてあることですし、事実みんながそれに従っている「ように見えます」

ただ、意外とそのルールブックは、形だけのものだったりします。上記リンク先の言葉をお借りするなら、これまではたとえNGなことだったとしても、人々はそれを許容しつつ生きていたのです。
文字通り、許し許されつつ生きていたのです。




それが昨今になると、声のでかい一握りの人々が幅をきかせ、行政や民間団体は「正論クレーム」にただただ怯え、無難なちょーつまらないことしかできなくなっているのです。


LoLで言えば・・、話を蒸し返すようなマネをしてたいへん恐縮ですが、某氏による代行の件。
あくまで推測でしかありませんが、あれだって、どーしよーもない状態に追い込まれたからこその行動だったはずです。
誰しも、仕事に追われ、ろくに娯楽を楽しむ時間もなく、ストレスフルな生活を送れば自暴自棄になってしまうことの1つや2つは出てきます。

そんな状況下で手を出してしまった、「代行」という行為。
それがルール違反であることは、誰に指摘されるまでもなく自明のことです。責めを負うことになっても、文句は言えないかもしれません。
ただ、もし上記の私の妄想が当たっていたとしたら、どうでしょうか。少なくとも、あそこまで個人が猛烈に攻撃されなければならないほどのことでしょうか。


私には、氏よりもむしろ、彼を嬉々としてフクロにしている不特定多数の方々の方が、悪質でたちが悪いと感じました。
正論を振りかざして立場の弱い者を叩いて喜んでいるようにしか、どうしても見えなかったのです。













◆「許して」生きていく

201201028s.jpg



幸か不幸か、今の社会はどんどんと「白川の清き」になっていきつつあります。
それに応じて、みんながみんなお互いを監視し、揚げ足を取られないように細心の注意を払っています。そして、揚げ足を取られている人を見つけるや否や、糞にたかるハエのように群がって一斉に叩き始めます。



揚げ足を取られるようなことをした人は、確かに悪いのでしょう。多少の責めは負うべきなのでしょう。そして、間違いなく「バカ」なのでしょう。
ただ、思い返してみると、人間誰しも「バカ」ではなかったでしょうか。特に若かりし時、今では信じられないような「バカ」を、みなやってきたのではないでしょうか。

それらの人々は少なからず、周りの人から許されてきたはずです。そしてこれからも、数多の人から許されつつ生きていくはずです。
そういうことを考えてみると、その人があまりに醜悪で無い限りは、「許して」やることが必要なのだと思います。



このままいくと、世の中ほんとーにつまらなく、ルール通りにしか動けない社会になってしまいます。
それはおそらく、息苦しい以上に、意外なほど生きづらい社会のはずです・・。





あにー < 「濁りそのものが正しい」とは言ってないからね!








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー