目の見えない人が、LoLをプレイするには。



この前ふと、ゲームという娯楽の媒体について考えたことがありました。
LoLに関係ない上に、自分の中で何となく答えは出ているのですが、ちょと晒してみます。

(タイトルはちょと釣り気味のものです。ゴメンナサイ)










◆目隠ししてLoLをプレイできる?




もし、ゲームが大好きで毎日のようにプレイしている人が、突然手や目(視界)を病気や事故などで後天的に失ったら。
一体その人は、どのようにしてゲームを楽しめば良いのでしょう。

今、ゲームと呼ばれている娯楽のほとんどは、手や指、目などの器官が正常に働いている状況下でしか遊ぶことができません。
もちろん、例外はあります。FPSなどは耳で音を拾うことが重要らしいですし、DDRのように足だけで遊べるゲームもありますしね。


いずれにしても、「身体の一部が不自由になる」ということは、ゲームという娯楽で主に使用されている媒体をほとんど(あるいは全く)扱えなくなってしまうことにつながってしまうのです。






LoLでいえば、目が見えて腕と手指が動かせれば、最低限プレイはできますよね。
これが、失明した人にとっては不可能なことで、スタートラインにすら立つことができません。



これ、当たり前のことのように思えますが、ゲーム以外の分野でいえば、これらのハンディを克服した新たな楽しみ方というのも編み出されています。

【車椅子バスケットボール】などは最たる例ですね。足が不自由な方でもバスケットボールを楽しめるように、工夫がなされたものです。
また、たとえ目が見えなくてもできる【ブラインドサッカー】というものも。こちらは競技レベルまでは達していないですが、画期的な取り組みでしょう。



要は、ゲーム以外の分野では、「身体にハンディがある人でも楽しめる仕組み」づくりが既に行われているのです。
ルールその他が通常のものと違うのは言うまでもありませんが、それを差し引いたところで、自分の好きなことを続けて楽しめることに違いはありません。


こう考えると、ゲームは「融通が利かない」ところがあり、健常者にしか楽しめない不自由な娯楽だとも言えます。

とはいえ、どうしても仕方のないことだったりもします。バスケットボールのように、「全身を使うスポーツで、身体の一部分が不自由になっても、それを代替できれば良い」というわけではありません。
上述したように、ゲームで使うのは主に目・手指・耳くらいのもの。ゲームにおいてそれぞれが占める重要性も高いため、安易に何かに代替させることなんてできないわけですね。












◆フルダイブと医療で・・?

iryo.jpg


前途多難なゲームの「バリアフリー化」ですが、もしフルダイブ型のゲームが開発されれば、一気に道が開けそうです。
SAOでお馴染みのこの技術、現実世界の障害はおおよそ排除されるわけですから、誰でも問題無く遊べるわけですね。



また、医療の進歩によっても解決できそう。
フルダイブ型ゲームの開発が「媒体の進化」であるならば、こちらはハンディを克服して通常のゲームを問題無く遊べるようにするための「人体に寄与する技術の進化」です。

目が見えない人の脳に直接信号を送り込み、擬似的な視界を展開する技術は鋭意研究されていますし、義手や義足の類だってあります。ゲームだけでなく、人類全体に大きなメリットがあるものですね。








いずれにしても、この問題が積極的に解決されるためには、実際に誰かが動くしかないのでしょう。
つまり、ゲームが大好きで、後天的にハンディを負い、それでもこれまでのようにゲームを楽しみたいと思った行動力のある誰かが。

今はニーズが非常に少ないものだと思いますが、社会は時代に足りないものを少しずつ補完しようとしていく性質を持っています。
いずれ、何人であろうと、公平にゲームが遊べる日がきっとくるはずです。





あにー < 日本では、ゲーム産業はまだまだ過渡期だしね。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

No title

ブラックジャックの漫画で事故で失明をした老婆だった、気がするけど
それを手術によって回復させ、久しぶりに見ることが出来た家から海を見る光景に思わず号泣した、というシーンを思い出した。
失明しながらもなお娯楽を生み出している人間の知恵と努力も確かに感心するのだが、
やはり失明から回復するという治療法が出来れば僕は人工の眼球だろうが構わないです。

ですねー。根本から問題を解決してしまえれば、それがベストかつ究極のバリアフリーなのは間違いないのですが・・。
ただ、義手義足の類だってちゃんとしたものとなるとべらぼうな金額になるのと、技術的な面とで、実現性において大きなツートップの壁があるのが厳しそう。
非公開コメント

プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー