FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Midのすすめ⑧

Mage.gif


最近、まともにLoLをやれていないため、実戦に関するネタがいまいち思い浮かびません。

そんな時は、過去の自分に頼るしかない!すなわち、「Midのすすめ」を垂れ流してお茶を濁すのだ!


・・・というか、【前回】から1か月近く経つんですね・・・。









【Midのすすめ⑧】
Mid lanerにとってGankは重要だが、Lv6になるまでは積極的にGankに行くべきでない。
Ultが無いため成功率は低いし、対面が先にUltを覚えてしまうことにより、レーニングさえ厳しくなる。





えーと・・・、はじめに言っておきますが、このすすめは大間違いです。
これ書いたの1年以上前で、まだだった頃だしね・・・。

それでは早速、過去の自分につっこんでいきましょー。



まず、Midレーナーにとって、Gankが重要だというのは間違いありません。
それ故に、Midはゲームを左右し得る重大な役目を担っている、と言っても過言ではありません。

また、Ultを覚えてからの方が、それ以前にGankに行った時と比べ、成功率は段違いでしょう。
なんせ、単純に持ちスキルが1つ増えるのですから、それはあるに越したことはありません。



しかし、「Ultを覚えてないから・・」という理由でGankを渋るのは、全くもってナンセンスです。



第一に、Lv6以前というのは、全レーンともジャングラー以外からのGankに対して意識が向いていません。
もしこちらのMidレーナーがレーンを離れたとしても、対面Midはたいていの場合「トリンケットを川に置きに行った」と思い違いをするでしょう。

そのため、ふつーにサイドレーンにスキップしながらGankに行ったとしても、これが案外刺さります。
もちろん、敵のレーナーがどこにトリンケットを置いたか(または置いたと予想されるか)、考える必要はありますが。



また、マッチアップによっては、対面がハードカウンター(Ex.アニーちゃんにとってのしんどら、Cassなど)の場合、レーンの真ん中でCSを取り合うことすら難しい場面もあります。

そんな時光るのが、Lv6以前の早期Gank!
「CSが難しいなら、Killを取ればいいじゃない!」と、マリー・アントワネットよろしくサイドレーンをサポートがてら、自身も育つ。という選択肢は大いに有効です。




またまた、Lv6以降だと、対面MidもGankを警戒し、こちらがMia状態になるとすぐさまサイドレーンに寄ろうとします。

しかし、それ以前だとPush力もそれほど無く、さらに上述のとおりトリンケットを置きに行ったのだと自分に都合の良い解釈をしようとします。(実際、そのケースが大半なので当然ですが)
結果、敵ジャングラーの位置にさえ気を付ければ、確実に1v2の状況を作りだすことができます。ウマー










ということで、特にアニーちゃんのようにハードCCを初期から持っている時などは、早期のサイドGankも視野に入れ、積極的に狙ってみましょー。
対面が完全にハードカウンターでどうしようもない場合は、スタートアイテムに靴を採用し、最初からサイドGankを狙っていくのもいいですね。


ちなみに上記の説明で、

『敵のレーナーがどこにトリンケットを置いたか(または置いたと予想されるか)、考える』
『敵ジャングラーの位置にさえ気を付ければ』


などと簡単に書きましたが、これに関する記事も、要望があれば書くかもしれません。
無くても、気が向いたら書くかもしれません;;



それでは、楽しいGankライフを!





ico_Annie.jpg < 完全に不意を突けて、楽しいよ!








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。