アニーちゃん vs Fizz(マッチアップ分析更新版)



※2015年8月下旬時点での、筆者の独断と偏見によるアニーちゃんとのマッチアップ分析です。「えー?」と思われる点があれば、ご指摘のほどお願いします。
赤字はアニーちゃんのスキル、青字は対面のスキルです。


ico_Fizz.jpg

・さかな (アー
・生息地 Mid。数々のパッチによって性能が調整されるも、それらをことごとく乗り越えSRに現れる
・バーストと2種のBlinkスキルを持ち、スタイリッシュなキャリーが可能。典型的なアサシン
・スキルなどの詳細は【Wiki】




アニーちゃん

・アニーちゃん
・一瞬ならともかく、総合的なバースト力は魚に劣る
・魚はMeleeのため、ハラス天国になると思いきや・・?
・スキルなどの詳細は【こちら】









◆概要

序盤に差を広げられるかどうか。難易度:★★★


Blinkスキル持ちの魚と、二本の足で歩くしかできないアニーちゃんとでは、如実に性能差がある。
しかしながら、Blinkスキルを取得するまではただの魚。それまでに塩を振ってこんがり焼く準備ができるかどうかが勝負のカギとなる。

とにかくレーンでKillを取られないことを目標に。そのためには、矛盾しているようだが強気に攻める必要がある。
何回か、無謀な攻めをすることにより、返り討ちに遭って学ぶことも必要だろう。


序盤は難易度★1つだが、Lv3以降からだんだんときつくなってくる。
魚の一瞬の隙を突き、ダメージ交換できるならばレーン戦もそれほど苦戦はしないと思われる。


ビルドは火力重視。コアは状況次第なので、お好きなものをどうぞ。1v1で勝てそうにない場合は防御アイテムを積むのもOK
スキルオーダーはいつものとおり。Q→W→E








◆Lv1~2

スタートアイテム:doransring.jpghealthpotion.jpghealthpotion.jpgwardingtotem.jpg


ここで勝負を決めるつもりで、とにかく鬼ハラスを仕掛けていく。なお、大抵の場合こんな序盤で勝負は決められない。あくまで気の持ちよう。

読んで字の如く、鬼のようなハラス。AAはもちろん、QWも存分に使い序盤のアドバンテージを得たい。敵Minionの反撃にだけは気を付けて!


ジャングラーがGankに来そうな3分くらいまでは攻撃していない時が無いくらいの勢いでAA・スキルにより火を放ち続ける。・・もちろん、敵ジャングラーがLv2Gankできるチャンプなら、警戒は怠らずに。

ここで有利を取れなければ、後々のレーニングもかなりきついものとなる。もしこのLv1~3で魚に軽くハラスをしのがれてしまったら、こちらとの腕前の差がかなりあるのかもしれない。
序盤の攻撃だけでFailさせることはなかなかできないが、それでも頑張ってハラスしよう。Lv3以降の魚の動きを制約することができる。



なお、魚のスタートアイテムがどらりんではなくitem_crystallineflask.jpgitem_healthpotion.jpgの場合は、おそらく魚のことをよく分かっているプレイヤーだろう。序盤の不利を回復アイテムで補完し、Lv3以降にHealth差で満足に動けなくなることを防止する心づもりのはず。
やることは変わらないにせよ、魚のよりアグレッシブな動きが予想される。








◆Lv3~5

OMG!魚にQ・W・Eが揃い、まさに水を得た魚になってしまった・・。


kasasa.jpg


ここからはFizzのターン。これまでアニーちゃんが優勢だったが、それで慢心していると一気にオールインでKillを取られてしまう可能性すらある。
対面の動きに注視し、隙を見つけてはカウンター(例:Qで突っ込んできて、W・AA一発の後Eで離脱しようとすれば、追いかけてQWコンボを見舞う等)を心がけよう。
そのため、スタンスタックは可能な限り保持しておく必要がある。もしスタックが無い時は、突っ込まれないよう適度に距離を開けよう。



また、魚がアグレッシブだと言って受け身になりすぎるのは非常によろしくない行動。
上述のとおり、しっかりダメージ交換をしていけば、圧倒的に不利になることはなかなかない。しっかりとCSを狙い、可能ならばハラスも行っていこう。

対面の熟練度にもよるが、魚がEをハラス後の「逃げ」に使う傾向にある場合は、魚のハラスを受けた後に引くのではなく、前進し積極的なダメージ交換を狙った方が良い。
Blinkスキルが使えないFizzはただの魚類。その間にアニーちゃんの攻撃範囲に入れることで、一方的なハラスが可能となる。対面によってはこれだけで、相当のプレッシャーを与えることができる。


この段階でKillを取られると、挽回は非常に難しくなる。Gankにも十分気を付けよう。
魚のEにはスロー効果がついているため、敵ジャングラーと合わせられるともろいアニーちゃんはひとたまりもなく溶けてしまう。かわいい。






・・長い文章の割には、画像が無くわかりづらいためまとめると、

○距離感は、最低でも魚のEが届かないように維持
○魚が全スキルを使ってハラスをし、逃げている時は追いかけて追撃を加える。やられっぱなしにならないよう
○Lv3以降はスタックに特に気をつける。Lv4あたりでEを取ると安定するかも
○立ち回りをミスして大ダメージを受けたら、勇気を持ってリコールしてitem_doransring.jpg


こんな感じかな?








◆Lv6~

クマサメの応酬!こんな異種格闘戦、テレビ番組であったような・・・。


まず意識することは、UltQEで避けられないようにする」こと。これ、ものすごく大事。
当たる!と思ってスタン尽きUltを放ったものの、QEで華麗にかわされることは少なくない。実害はもちろんだが、精神的なダメージも計り知れない。

コツとしては、まずQでスタンさせること。これで動きを止めた後、WUltで追い打ちをかければ良い。
仮にスタンQEで避けられたとしても、スタンスタックは残ったまま。何とでもなる。

他にも色々な場面が想定されるが、いずれにしても、Ultでスタンを与えようとすることは避けたい。
BlinkスキルがCD中で、必ず当たるといった時以外は、Ultは追い打ち用に温存しておこう。



この時点で魚の攻撃スキルは4つ。アニーちゃんより1つ多い。
攻撃のバリエーションは非常に多いが、UltからQで接近し、Wでビシビシ殴りつつ適宜Eを使うパターンがよくみられる。
油断しているかのようにわざとUltを誘発し、Flashで避けてフルコンを見舞うと非常に爽快。試してみる価値はある。







kasasa2.jpg


1stリコールでは火力を重視。item_needlesslylargerod.jpgitem_fiendishcodex.jpgなどの派生先が優秀なアイテムを積んでいく。


もし魚が自分より上手いプレイヤーでレーンがきつい場合は、最低でもitem_rubycrystal.jpgは積んでおきたい。
その後は同じく火力を積みつつ、item_rodofages.jpgもしくはitem_spectrescowl.jpgに向かう。後者は敵チームに他にAPチャンプがいる時、非常に良い選択となる。
敵の猛攻でどうにも受け身になりがちな時は、item_giantsbelt.jpgからitem_rylaiscrystalscepter.jpgを目指してもおもしろい。





何にしても、アニーちゃんと魚では1v1におけるポテンシャルが違いすぎるため、多くの場合で正面切ってレーンで戦うのは得策でない。5靴を選ぶ選ばないにかかわらず、ロームに主軸を置きたい。













◆Late game

kusasakana.gif

魚の怖いところは、どんな状況であっても腐りにくいこと。魚なのにね。
何かの拍子にKillを取れば、あれよあれよという間にFedしてしまう。

もし序盤に優位差を作ることができ、魚が落ち目の状況であっても、ゲーム終盤に少しのKillを取ることで息を吹き返すことが多い。頭に入れておこう。



魚はUlt驚異的なイニシエート力に加え、キャリーを抹殺できるアサシン(バースト)力Blinkによる保身性能もピカイチ。
・・こんな強いチャンプ、煮付けにされればいいのに。



チーム構成にもよるが、魚がUltでイニシエートし単身突っ込んできて一気にフォーカスを集めた後、わらわらと他のチャンプが群がってくるパターンがよくみられる。
そのため、スキルを使い終わった魚を狙うのではなく、後ろから来る他の4人をまとめて狙った方が効果的な場合もある。幸い、アニーちゃんには範囲スタンスキルがあるため、魚ばかり見てアニーちゃんを警戒していない敵さんをフラッシュインから不意打ちすることも可能。

ただ、魚がアニーちゃんをフォーカスしてきた場合は、それもなかなか難しい。
先ほどと同じようにQでスタンさせた後は、きっと味方がぼこぼこにしてくれるはず。この場合はスタンを魚に使ってしまっているので、スタンにこだわらず残りの敵4人にスキルをどんどん撃とう。そのうちスタックがたまり、ここぞという場面でスタンが撃てるようになる。






item_zhonyashourglass.jpg kasasa3.jpg
(砂時計やばんしーを持ったアニーちゃんで、わざと魚のUltに当たりにいく、という立ち回りもなくはない)


別のパターンとしては、敵チームに魚以外のイニシエート能力があるチャンプがいたり、予期せぬ遭遇戦になった場合に、魚が虎視眈々と後ろで控えている場合。
魚が最初に突っ込むとアニーちゃんのスタンで溶かされる可能性があるため、スタン消費した(あるいはアニーちゃん側のキャリーが前に出てきたり、あらかたスキルを使ってしまい無防備な)時にUltから入ってくる場合がある。

おそらく最初の集団戦で、魚がこういう立ち回りをするかどうかが分かるだろう。そして、まさにこのような魚だった場合は、スタンを魚用にとっておくというのも手である。
たとえば、集団戦前にスタックを2や3にとどめておき、敵のイニシエートに対してはQWで対応してスタックをため、後で突っ込んできた魚にとっておきのスタンをプレゼントするという戦術である。

忍耐が問われる戦術で、場合によっては本当にアニーちゃんが何もできぬまま集団戦に負けることもあり得るが、このような手法もある。





とかく、Fizzの立ち回りは無限の可能性を秘めているため、全てをパターン化することは到底できない。
また、幾度も書いたように中の人の熟練度によって動きも相当違ってくる。「上手い人はこうだったから、こうすればいける!」と思ってスタンUltを放ったところ、予想外のEで運よく避けられてしまった、という惨劇もある。悲しい・・。

アニーちゃんのスタンAoEで勝敗が決まることもある中、Fizzの存在はいつまでも脅威となり得る。油断せず、じっくりと料理しよう。






アニーちゃん < 今日の晩御飯は、Fizzの煮付けだよ。







★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

annie botによれば同スキル程度のマッチアップならfizzには勝てないとのこと

そうですね。
なので、「アニーちゃんと魚では1v1におけるポテンシャルが違いすぎるため、多くの場合で正面切ってレーンで戦うのは得策でない。」と書きました。
非公開コメント

プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー