私が好きな人の4の特徴。



私は、友人に恵まれています。
私は友達が多いほうではありません。リアルはもとより、ネット内でも知り合いを越えて友人だと言える人は数えるほどです。しかし、みんなすばらしい人ばかりです。
今回はそういう“私の好きな人”の特徴を4つ挙げてみようと思います。













◆考えを持っている

世の中には2種類の人がいます。自分の意見を言える人と、言えない人です。
「意見」を「考え」に変えてもかまいませんし、「主張」にしても結構です。

究極には人は八方美人でのらりくらりと交わしつつ、生きていくことができます。自分の考えや意見は生きる上で絶対に必要ではありません。特にネット上では。
けれど、それがないと人との会話は空虚となり、上っ面だけのスカスカな関係でしかないものとなってしまいます。

自分の意見を持ってそれを言えることは、私が楽しく生きる上で絶対に必要です。
私の好きな人たちは、みんな大なり小なり自分の考えがあり、それをはっきり口に出すことができます。

※参考記事:【本音を言い合えてこそ、”身内”なのでは?】










◆茶化さない


世の中には2種類の人がいます。要所で茶化す人と、茶化さない人です。
「要所」というのは、「まじめな場面」に置き換えてもかまいません。

究極には人は要所から逃げてはぐらかすことで、生きていくことができます。他人の言うことを真剣に受け止めて考えることは、絶対に必要ではありません。特にネット上では。
けれど、それがないと人との交流は空虚となり、上っ面だけのなあなあの関係でしかないものとなってしまいます。

要所で人の話を受け止めて自分なりに返すことは、私が楽しく生きる上で絶対に必要です。
私の好きな人たちは、みんな私の話を聞いてくれて、それぞれきちんとした言葉で返してくれます。










◆違いを認められる

世の中には2種類の人がいます。自分の周りが世界の中心である人と、そうでない人です。

前者は、自分と自分の周りに見えているものが世界だと信じています。だから、それ以外のことはあってはならず、存在するだけで異端なのです。色々と難癖をつけ、非難し、迫害し、自分の世界を固持しようとします。
後者は、自分と自分の周りに見えているもの以外に世界が広がっていると信じています。だから、自分と異なる価値観や考えがあってもそれを認め、存在を肯定します。違いの存在こそ、世界が広がっている証拠だと考えます。

違いを認められることは、私が楽しく生きる上で絶対に必要です。
私の好きな人たちは、自分と違うことに対して寛容で、決して否定しません。










◆間違いを許してくれる

世の中には2種類の人がいます。間違いを許せる人と、許せない人です。

人はしばしば間違いを犯します。どんなに気をつけていても、誰かが誰かを傷つけたり、嫌な思いをさせてしまったりします。人は、そういう生き物です。
他人の間違いを許せない人は、どんな些細なことでもそれっとばかりに飛びかかり、間違いを責め、サディズム的な優越感に浸ろうとします。
他人の間違いを許せる人は、人という生き物について知っています。事によっては注意や指摘をすることさえあれど、ムダに騒いだり荒立てたりすることはしません。

間違いが多い私にとって、それを許してくれる人は、私がしあわせに生きる上で絶対に必要です。
私の好きな人たちは、私の間違いを許してくれます。





ico_Annie.jpg < そして、後でその間違いを思い返し枕に顔を埋めて足をバタバタしているのが私です




※この記事は、【「私が好きな人の9の特徴」 --「デマこい!」さま】のオマージュです。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





スポンサーサイト

サポート型ジャングラーって、どうやってキャリーするんだろう。



先日、どうにも上手くいかないゲームを体験しました。
こういう感覚は久しぶりで、しばらくうんうん唸って考えてみたものの、なかなか答えが思い浮かびません。もっともっと唸ってみたらいいのだろうか。うーーーん。











◆サポート型ジャングラーのゲームメイク

マッチアップは、こんな感じです。


umaika1.jpg


戦況は、Topが相性的に厳しく、Midが五分、Botも押されつつも持ちこたえている状況。
敵Mid・Botタワーは折れ、最初のドラゴンは取ったもののそれ以降のドラゴンは管理され、全体的に押されています。
Topの敵XinがとにかくスピリットPushを仕掛け、それに対応するらんぶるは前に出ようものならソロKillをもらいます。MidはAniviaが常にPushを仕掛け、それ以外は特に何も動かない。Botも手持ちぶさた。


そんなとき、サポート型ジャングラーであるらむすは、何ができるのでしょうか。












◆オブジェクトをとる

理想は言うまでもなく、味方で連携して敵のオブジェクトを取ること。
そのためには、敵単体を囲んでKillを取り、数的優位に物を言わせてごりごり攻めるのが良いでしょう。基本です。



頭では分かります。しかしどうしたことか、いざ実戦となると上手くいかないものですよね・・。



今回で言えば、BotレーンをPushしたAsheと牛がらむすと共にMidになだれ込み、
『ZyraをKill → 敵のTopジャングルを制圧 → 敵Topタワーを強引に折りに行く』
というのがセオリーです。きれいな連携です。

ところが実際は、AniviaはとにかくPushしかしないことから敵Zyraを背後から急襲してKillを取ることができません。おまけに彼女はマナ回復アイテムを持っておらず、常にマナ不足でした。・・・火力あってもスキル使えないんだったら、意味ないじゃないか!

そうこうしている内に局所戦が起こり、負け、敵チームがどんどんFedして・・。そのままGG;;
もしジャングラーがらむすでなく他のキャリー型チャンプ(かじっくすやViなど)であれば、強引にゲームを動かすこともできたかもしれません。
ただ、今回は味方に合わせることで真価を発揮する、サポート型ジャングラー。こんな上手くいかないゲームで、らむすはどのようにしてゲームを作っていけばいいのか。未だに唸っています。むー。
















◆味方を動かす?

味方に指示を出すことによって、状況は好転したのかもしれません。
こうした動きをして、敵の○○を狙おう!とチャットすることで、チームとして動けたのかもしれません。

ただ、それも今のところは理想。実戦になると、私は自分のことで精一杯となり、それを味方に発信することが全然できていません。
英語力が足りないというよりは、そういう意識も指示する余裕も足りないというのが実際でしょうか。情けない限り。



また、今回で言えば、どうも個々の相性がかみ合わずチームとして連携できていませんでした。
それを前提として、たとえばマッチアップ的に厳しかったTopにキャンプして、1v1でもXinに勝てるくらいにらんぶるをぶくぶくに太らせたら?
もしくは、Peel手段は牛が豊富に持っているのだから、BotにキャンプしてAsheを徹底的に太らせたら?


・・・難しい。答えが見つかりません。
サポート型ジャングラーで試合を動かすには、どうしたらいいんだろう。





ico_Annie.jpg < 悩み多き年頃。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





もっさりラグ、多発中。



最近LoLが、やたらとラグいです。


nubelag.jpg


「LoL ラグ」でついったーを検索してみると、出るわ出るわ・・。
プロバイダや居住地にもよるのでしょうが、何にしても日本からNAサーバーへの接続に関して、何らかの障害が起きているのは確かなようです。


しかもこのラグ、Ping値は正常でもおかしな重力(重さ)を感じるという、今までに無いようなタイプのもの。
どことなく、ぬべーっと、もっさりとしたラグがぽこじゃか出ます。もーやだ!;;












◆夜に起きる

nubelag2.jpg


このラグ、不思議と夜だけに起こります。私の場合は、20時頃から怪しくなりはじめ、21時を過ぎると完全にラグが頻発する時間帯に突入します。
この時間帯、いつ終わるのかは不明ですが・・、日付を越えたくらいでは無くならないことを確認しています。朝になれば、おそらく解消されるのかな?


知人曰く、「NAサーバーに人が集まりすぎなのかな?」だそうですが、日本時間の夜はおおよそNAの朝。むしろ、日本が朝の時にラグがあって重くなる、とかなら分かるのですが・・。












◆クライアントもラグい

nubela3.jpg


ゲーム内だけではありません。クライアントでの操作も、色々とラグが出てきます。
たとえば、戦歴を見ようとプロフィールボタンをぽちっと押すとします。普通はかちっという音と共にスムーズに画面が移行するはずです。


ところが、ラグ頻発の時間帯だとこの移行がひじょーにもっさりとします。
「押せたの?押せてないの??どっちなの!」
というびみょーな間があり、ようやく画面が変わる感じ。逆に言えばカスタムなどで確認せずとも、クライアント上でラグの有無を確かめることができそうです。












◆再インストール・リペアは無効?


ツイッター上の反応を見ていると、どうもLoLの再インストールやリペアはあまり効果が無いようです。
とすると、やはり日本とNAとの間の接続障害?でも、なんで時間帯限定なんだろう。

同じくツイッターでは「日本の情報規制の影響だ!」とする意見もありましたが、まさか・・。












えらー


ちなみに、このラグが出てくるようになった頃から、上記の接続エラー(通称、コネクションエラー)もばしばし出るようになりました。(【解決策はこちら】
28日のパッチで直ってたらいいんだけどなぁ。今のままだと、LoLしたくてもできないよ;;





ico_Annie.jpg < 連敗中だったから、ちょうどいいことはいいんだけど。。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





正しいことでも、普通の人には受け入れられない。



400mハードルで元オリンピック選手である為末氏の発言が、またもや物議を醸しているようです。
為末さん、議論が好きなのかな。それとも・・・。

肝心の内容ですが、私にとってちょーハラオチしたので、LoLと関係ない記事としてご紹介したく思います。












◆ヒステリックな正義



ここでは「障害者」に関することがやり玉にあがっていました。
障害といえば、身体的・精神的なものを含め、今最も議論されている分野の1つではないでしょうか。
個人的には、乙武氏が『五体不満足』を出した辺りから、世間の理解が深まっていったようなイメージ。






私も陸上競技をやっていたので分かるのですが、トラックを1周(400m)するのに加え、進路上にハードルが設置されるという「400mハードル」なる競技があります。通称、よんぱー。
昔風に言うと「400m障害」なのですが、それをあげつらってけしからんとし、正義を振るう人がいるそうです。氏はそれを、「ヒステリックな正義」と称し、障害者への理解が進まない一番の理由だとしています。





これ、すっごい分かります。




はっきり言っちゃうと、障害の書き方なんて、どーでもいいんですよね。もしかしたら、害という字に傷ついている方もいらっしゃるのかもしれません(見た事ないけど)が、言い切ります。どーでもいい。
それは所詮、枝葉の部分に過ぎないわけです。大事なこと、本質はもっと、幹や根の方にあるはずです。


ところが、なまじ障害に理解や関心がある人や勉強をしている人は、どうしてもそれが正義だと思い込み、世間に浸透させなければならないものだと思いがちです。
確かに正しいことではあるかもしれません。ただ、それを今まで関心を持っていなかった人に対し言うべきかというと、必ずしもそうではないのは明らかです。









1102740458_31-thumbnail2.jpg


私は職業柄、政治的にいわゆる右寄り・左寄りな団体の会合に出席したり、個人に取材したりする機会がそれなりにあります。
そうした会合で必ず感じるのは、上記の「ヒステリックな正義」です。必ずです。

たぶん、これを読んでいる皆さんも、いざ出席してみると分かると思います。
なんか、こわいんです。目が血走って、口角泡を飛ばして意見を発表したり議論をしたりしている。たとえ中身が正しい内容だとしても、こわいものはこわいんです。
そうした体験を繰り返すと、転じて、“そういうの”が胡散臭く見えてくるものです。本当に草の根活動で地道に頑張っている人たちには申し訳ないのですが、もはや宗教じみています。














◆正義は普通の人に通用しない

為末氏は障害に関して取り上げ、その筋の人から賛否両論ばしばし叩かれ擁護され・・としています。
ただ、上記のとおり、これって障害だけではありません。ありとあらゆる分野において、言えることです。



eport.jpg


・・無理に例を挙げるとすれば、LoL、E-Sportsだってそうです。
「E-Sportsは野球やサッカーと同じスポーツだ」・・・そうでしょう。
「ゲームはもはやあらゆる分野において活用されている。ゲームだけを叩くな」・・・間違いありません。
ただ、そんな金科玉条の言葉なんて、一般の人にはまずもって通用しません。
正義を振りかざしたところで、普通の人は危ない人・こわい人だと思って、ますます偏見が広がるばかりです。






この話題を取り上げたある人は、

「小さな問題を社会全体で考え解決していくためには、まずは幅広い認知を行われ、関わる人が増えていくことが絶対条件です。」 --【おときた駿 都政をアップデートする】さま



としています。

何事も、正しいことばかりに固執するのが良いわけではありません。
「面倒くさい人」にならないよう、注意しましょー。





ico_Annie.jpg < LoLを広めるには、まずアニーちゃんのかわいさを布教すべき!








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





天国から地獄。



げきてき!

びふぉー



teng.jpg












あふたー!


jig.jpg




まさに天国から地獄。
最近どのゲームでも3death以内に抑えられて、キャリーできてると天狗になってたらこれだよ;;


見知らぬ人とプレイする時は特に、特定のチャンプ・Roleしかできないのが厳しくなりますね。
だからこうしよう、というわけではないのですが、それを顕著に感じた1日でした。。





ico_Annie.jpg < ごめんね 【たるぼう】Midとジャングルしかできないからね ごめんね








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





Gank時に気をつけたいちょっとしたこと。



かなり前のTwitterにて、Gankを要請する時の注意点としてこんな内容のものがあがっていました。うろ覚えでごめんなさい。

FeedしてからGank要請するのは、う○こ漏らしてから何とかしろ!と怒っているようなものだ。
結論。漏らす前に言え。


たいしさんだったかな?それとも別の人?
何にしても、すごい的確な例えですよね。こんなおとなに、わたしもなりたい。












◆Minion数にご用心

今回はそんな「手遅れ状態」の場合は除外して、ごくごく普通に互角なレーン戦が繰り広げられているものと仮定します。

たとえば、敵が猛烈なPushを仕掛けてくる場合。
Pushは、極めて分かりやすいレーン戦の基本となるような戦術です。ただただ、Minionを掃除し、味方Minionを敵タワーに押しつける。
デメリットは、「Gankを回避し辛い」ことのみ。シンプルにしてちょー強力な戦術です。

レーンが押されている時、こちらとしては味方ジャングラーにGankを要請し、おいしくKillをいただいちゃいたいところです。
ところが、Minionの状況によっては、Gankすることがあまり好ましくない場合というのもあります。







mmm1.jpg

(良い状況が作れなかったので、これに脳内でMinionを3,4ほど追加してください;;)


たとえば、こんな時。対面のかーさすBot視点で考えてみましょう。

Healthはどうでしょう。かーさすはHealthがほぼ満タンで、Gankに合わせることで逆に対面に返り討ちにされることはなさそうです。
そして、Pushされている状況。おまけにTopレーンです。フラッシュを使われて上手く逃げられるかもしれませんが、GankでKillが取れる可能性はかなり高いと思われます。




が、如何せんMinionがタワーに押しつけられすぎです。




注目すべきは、Minionの数とレーナーのLvです。
これだけMinionを押しつけられると、敵をKillしている間にかなりの経験値・お金のロストとなります。これが意外ともったいない。
さらに、その敵Minionが固まっている間で交戦すると、当然奴らから反撃を受けます。
加えて、次のMinionウェーブもレーンに向かってきているでしょうから、対面を追っかけている最中にそれらと鉢合わせになると“Minionシャワー”を一気にもらってしまいます。

Killを取れれば、それはそれで直接的なアドバンテージを得たり、フリーファームでお金を稼げたりするでしょう。
しかし、それは上手くいけばの話。こちらがレーナー+ジャングラーに対し、相手はレーナー+Minionとなり、下手を打てば2人とも返り討ちになる・・なんてことも考えられます。低Lvの時は特に、です。















◆Farmか、Killか

Pushされていたとしても、CSを逃すことなく順当にFarmできていれば、それはそれでいいのです。Nasusなどはその典型ですね。
それを勘違いしたジャングラーが無理なGankを狙ったり、逆にレーナーがFarmを放棄してKillに固執(→Gankを要請)したりすると、見えないところで損失が出てしまいます。

そこそこ育っていれば、Minionごと対面を攻撃することもできるのですが、Lvが低い状態だとまだまだMinionの攻撃もばかになりません。


「PushされているからGankだ!」でなく、彼我のMinionにも着目して、より戦略的にゲームを動かしましょ-!



※レーンのマッチアップにもよります。上記の画像ではたまたまVlad vs かーさすの図となりましたが、これにはあまり固執しないでください。





ico_Annie.jpg < 私もまだまだな分野かな。。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





序盤のタワーへの攻撃は無意味。



結論のみ書いて、記事を終わらせるスタイル。



序盤において、Midの1stタワーをぺちぺち攻撃するのは無意味です。
そんなことをするくらいなら、さっさとリコールなり次の敵Minonウェーブを掃除するなり、ロームするなりするべきです。

理由はたった1つ。








◆ほとんどダメージが通らない

firstturret1.jpg


アニーちゃんでいえば画像のとおり、Lv3時点でタワーに攻撃しても、一発20ダメージくらいしか出せません。

たとえば、早期にGankが決まってKillを取れたところで、一生懸命タワーを殴っても、10回殴ってようやく200ダメージ。
たったそれだけ削って、何が得られるでしょうか。











firstturret2.jpg

このような状況なら、まだ分かります。
壁となる味方Minionが豊富で、タワーのHealthもかなり削れている。強引に押すことで、タワーを折れるかもしれないという状況。

逆に言えば、こんな状況でも無い限り、ソロでぺちぺち殴る必要性はありません。
もし上記の画像でタワーのHealthがまだ7~8割残っていたら。かつ、周辺にタワー割り要員として駆けつけてくれる味方もいなかったら。
冒頭のとおりです。さっさと帰るか、タワー下に残っている敵Minionを掃除するか、ロームするかです。

(現実的には、敵Minionを掃除してからリコール or ロームするのが良いでしょう)






特によく見かけるのが、序盤大したダメージも出せないのにタワーを殴り続け、次の敵Minionウェーブが来てもお構いなしのプレイヤー。
上手い人のプレイを見ていると、タワーを攻撃できる状況にも関わらず、敵Minionをせっせと掃除している光景がよくあります。

中盤では敵タワーを折らないことによるレーニングというのもありますが、序盤に限っていえば、タワーを攻撃することによる見返りが無いからです。
Farmし、味方Minionを敵タワーに押し付けた方が、メリットがあるからです。





ico_Annie.jpg < 書きたいこと書いて、唐突に終わるスタイル。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





フリーハラスだったのに、何故かダメージ受けてる!?



今日は気分を変えて、初心者の方向けの記事にしたいと思います。
このブログのいろいろな記事で触れてはいますが、根本から解説したことはなかったので、改めて。












◆フリーハラスのはずなのに、何故かダメージ交換で負けてる!?


対面に気持ちよくフリーハラスを仕掛けた。
なのに気づいてみると、こちらのHealthが削れてる。
結果、ダメージ交換で見れば互角になってしまっている・・。

私が初心者の頃、こんな現象に悩まされていました。
対面のチャンプがこちらに攻撃した形跡は無いのです。にもかかわらず、何故かこちらのHealthが削られている。

犯人は誰なのでしょうか。そして、何故このようなことが起こるのでしょうか。









◆犯人は敵Minion

犯人は、おまえだ!

minion.jpg
(懐かしの旧Minion)


このような状況では、ほとんどの場合敵Minionが悪さをしています。
そもそも、レーンにおけるダメージソースといえば、対面チャンプか敵Minionくらいしかありません。対面がこちらに反撃していないのであれば、残る容疑者は敵Minionしかいなくなります。

しかし、Minionの性質として、チャンプよりも同じMinionを先に狙う傾向にあるはず。
何故こちらのチャンプを優先的に狙って攻撃してきたのでしょう。








◆AAハラスにご用心


厳密には違うのですが、分かりやすいように事を単純化しますね。
Minionは、自軍のチャンプがAA(オートアタック、通常攻撃)で攻撃されると、その攻撃主にターゲットを切り替える性質を持っています。タワーにも同じような性質がありますが、Minionの場合はAA限定です。

具体的に例を挙げましょう。
たとえば、アニーちゃんが対面のFizzをAAで攻撃した場合、Fizz側のMinonがそれを感知すると、Minionのターゲット(フォーカス)がアニーちゃんに移動します。
序盤のAAの威力といえば、大体40~50くらいのもの。一方、Minionからのダメージは魔法Minionで約10程度。AAハラス一発だけでは、複数のMinionからの攻撃で相殺されてしまうのです。




敵Minionからの反撃を考慮した上でAAハラスを行わないと、手痛いしっぺ返しをもらうことになります。
下手をすると、こちらが攻撃しているはずなのに、ダメージ量はこちらの方が少ないなんてことも・・。


敵Minionからの反撃対策として、「スキルで攻撃する」ことが有効です。
一部のスキル(On-hitエフェクト有り)以外は、スキルでチャンプを攻撃してもMinionは反応しません。

また、離れた位置からAAハラスをするというのも、シンプルで良い方法です。
AAを放った後、敵Minionにそれを感知されないよう距離を取るなど、工夫が必要ですね。







custom4.jpg


AAハラスを的確に使いこなすことで、レーン戦の技術をかなり上げることができます。
何せ、1発40ダメージですからね。3発も当てれば120ダメージ。それだけで、対面のHealthを20%近く減らすことができちゃいます。(Lvにもよりますが)

どんな状況だと敵Minionから反撃を受けるか。それをつかむには、どうしても慣れが必要です。
しかし、慣れるにはAAハラスと敵Minionとの関係性を把握し、意識することが前提となります。
どうもレーン戦が上手くいかない・・という人は、こうしたことに対して目を向け、立ち回りを考えてみると良いのではないでしょうか。





ico_Annie.jpg < アニーちゃんのAA射程、返して;;








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





世界的に有名なアニーちゃん



今まで黙っていましたが・・、アニーちゃん天使教の布教のためには、やむをえまい!
実はアニーちゃん、LoLのみならず、様々な分野で姿形を変えて活躍しています。

どれもこれもかわいいのですが、その一部をご紹介。














◆赤毛のアニーちゃん

myusi.jpg


アニーちゃんはミュージカルにも出演しています。かわいい!
2014年には、髪の色や肌の色も変わったとのことですが・・、それもかわいい!

王道のストーリーだけど、ほんといいよねー。












◆進撃のアニ

myusi1


ツンツンアニーちゃんかわいい!本来は伸ばさず「アニ」だけかもしれないけど、細かい事は関係ないかわいい!

このアニーちゃんは、ぼこすこ殴る蹴るの攻撃方法を備えているほか、巨大化もできるらしいよ。おっきくなったアニーちゃんに踏まれたい人は多いはず!(私は違うよ!)












◆むきむきアニーちゃん


ちょっとローカルなネタだけど、【京都市の某所にむきむきなアニーちゃんがいる】らしいよ!著作権の関係上、画像はリンク先で見てね。
たくましくて・・・かわ・・かわいい!!












◆小さいアニーちゃん

myusi2
(正式名称:アニキサス)


かわいい!!!!


















結論。

アニーちゃんまじ天使。





ico_Annie.jpg < you wanna play to ?








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





アニーちゃんのなーふによって変わった、2つの厳しい現状




アニーちゃんのAA射程になーふが入ったことで、できなくなった、あるいはやりにくくなったことが2つあります。

・QWコンボに挟むAAハラス
・逃げる敵への追い撃ち



まだあるかもしれませんが、とりあえず上述の2点をご紹介します。














◆QWコンボに挟むAAハラス

レーンにおける、アニーちゃんのハラスコンボといえば、「スタンつきQ → W → AAハラス」です。(QとWはどちらが先でもOK)

スタン時間が一律1.75sだった時代は、なんとスタンの間にAAを2回も挟めていました。なんと良い時代でしょう。
ところが、スタン時間のなーふにより、AAは挟めても1回、位置が悪いと全くAAハラスできないようになってしまいました。



それに加えて、今回のなーふ。
全くできない、とまでは言いませんが、かなり厳しくなったと言わざるを得ません。
そもそもこのコンボは、相手から反撃を受けないことが前提として成り立つもの。無理にAAしに行って手痛い反撃を受けると、ダメージ交換であっさり負けてしまいます。最悪、一気にKillまで取られることも。

彼我の状況にもよりますが、このなーふでアニーちゃんの基礎コンボの威力が約40ダメージほど落ちたと言っても良いでしょう。
そう考えると・・、かなり手痛いなーふですよね。


















◆逃げる敵への追い撃ち

アニーちゃんはスキップすることでしか、マップを移動できません。(フラッシュ除く)
要となる5靴も、戦闘状態に入ることで他の靴よりはるかに劣るMSブースト量しか得られません。

もし、フルコンボで敵チャンプを瀕死にした場合。敵は死にものぐるいで逃げるでしょう。
その時、AA一発で最後の体力を削り切れる場合も結構あります。フルコンを叩き込んだ後、わずかな時間でAAを入力することで、ちっちゃな火の玉が敵を追尾していってKillを取れる・・。快感!



ところが、この「最後のAA一発」も、なかなか入れにくくなってしまいました。
最大スタン時間1.75sの間に、QWRを撃ちIgniteを撃ち、さらにAA射程内まで歩いてAAする、といった行程が必要なわけです。
この、「AA射程内まで歩く」というのがくせもの。状況によっては既に射程内に入っている場合もありますが、Ultの射程ギリギリで敵を捕らえた場合、まずもってAAは届かなくなりました。

・・本当は届くのかもしれませんが、安定的にフルコンボを撃ち込みたいと考えた場合、AAを優先するわけにはいきません。AAはあくまでおまけ程度の最後の追い撃ちです。
ということで、至極当たり前ですが、最後の追い撃ちで敵チャンプが仕留められない!;;という場面も出てくるようになりました。









たかがAA、されどAA
これだけのなーふで、シビアにチャンプの性能が制限されるものなのですね。。





ico_Annie.jpg < Riot…








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー