スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ中の~ たるぼうアニー ♪



今日の記事はおサボり記事です。書いてた記事が、どこかにいっちゃったんだ・・・。ぷーん。




◆文才がほしい

せめて、これくらいのものが書けるくらいの文章力がほしい。

【なぜネット上の“すごい人”に嫉妬するのか --「デマこい!」さま】

大人になってから分かったのですが、文章力ってどこの分野でも必要で、色々な場面で活躍しますよね。
才能云々もあるとは思いますが、基本的に「意識して繰り返す」ことをしなければ、いつまでも上達しないのでしょう。事実、私より20も30も歳が上のある上司が書く文章は、その辺の高校生が書いているようなもので見るに耐えません。

せめて他人に見せられる程度の文章力は・・と思うのですが、欲深い私はさらに、上記リンクのような叙情的で人に訴えかけられる文章を書きたい!と思ったり、思わなかったり、思ったり。







◆LoLはリハビリ中

リハビリ

と、物書きばかりしているわけにもいかないので、昨日あたりから本格的にLoLをプレイしています。
ぽつぽつARAMやノーマルをプレイしてはいましたが、それを除けば2,3週間ほどLoLから離れていたことになりますから、ブランクを埋めるにはかなり時間がかかりそう・・・。

ただ、間を空けたおかげで以前とは違う視点で戦況を見られることもあり、ミクロ的な立ち回りはともかくマクロ的な考えは以前より成長している感もあります。
やっぱり、【適度に間を空けるのも良い】んだなぁ・・・。




ico_Annie.jpg < ゲームまわして、記事ネタ集め中。。。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





スポンサーサイト

Topアニーちゃん OP!・・・・?



To.jpg


Midからサポートに転向し、大暴れしていたかつてのアニーちゃん。
しかし、数度のパッチと新チャンプの実装、他サポートチャンプのバフなどで、再びMidへ住処を移すこととなりました。

現状のMidのTierでいうと、一般的なプレイヤーが使うには、アニーちゃんは可もなく不可もなくといったところ。反面、使い込んだプレイヤーが使うと、その真価を発揮し恐るべき力を見せるチャンプです。
操作性や性能のシンプルさから簡単に思われがちですが、その特色をつかんで運用するのはなかなか難しいということですね。他のチャンプのように、長距離スキルやBlinkが無く、無理が利かないことが一番の原因でしょう。








さて、そんなアニーちゃんですが、最近Topでよく目撃されるという情報が得られました。

Topcomme.jpg

Topアニーちゃんと聞くとTrollだと思われがちですが、最近はそうでもありません。むしろ、サポアニーちゃんがTrollだと散々叩かれていた時と同じく、実は有効的なPickだと思われます。
(プロが使用して一躍日の目を浴びるまでは、サポートでアニーちゃんをPickすると、味方から非難囂々でした。私自身、【サポートアニーちゃんは性に合わなかった】ので10回ほどしか使いませんでしたが・・)

ただ、ご存じのとおりアニーちゃんは柔らかく、Topのガチムチチャンプたちには太刀打ちできないように思われます。何故今、Topでアニーちゃんが活動できるのでしょうか?








◆長いAARangeとスタン

これは言うまでもありませんね。MeleeがひしめくTopにおいて、AAハラスはちょー有用です。
また、スタンも強力。Blinkで飛びつかれて一気にバーストを出されるときついのですが、それ以外の場面ではスタンによって凌げることが非常に多くあります。

特にNasusやShyvanaなど、Blinkが無かったりあるいは常用できなかったりするチャンプに対しては、Ryzeのそれと同じように完璧なゾーニングが可能です。







◆アンチMeleeチャンプのカウンター

最近のTop事情としては、RyzeやGnarなどのAP・Rangedチャンプが幅をきかせており、Meleeチャンプがあまり見られなくなっています。
それどころか、ADCであるVarusやVayneなどのチャンプがTopに行くこともしばしばあり、かつてのTopとは様変わりしている状況です。

それらのいわゆる「アンチMeleeチャンプ」に対して、アニーちゃんは有用なPickとなります。
RyzeやTeemoに対しては完全なカウンターPickとなりますし、他のRangedに対しても問題無く立ち回ることができます。

その上、アニーちゃんはある程度ビルドに幅が利き、臨機応変に育つことができます。
ワンコン天使はもちろん、RoAやクリセプなどを積んで、Tankyになることも十分可能です。Eもあるしね!







◆継続的ダメージ

その上、アニーちゃんにはクマーがついています。
このクマーのおかげで、他のMageとは違う形で継続的に火力を出すことも可能です。

Ryzeのようにジャンジャンバリバリダメージを出せる・・というわけにはいきませんが、それでもスキルがCD中にクマーが撒き散らすダメージは、それなりに痛いもの。
敵キャリーに張り付かせておけば、知らない間にどんどんHealthを奪い、前に出れなくさせていた・・なんてこともあります。

かつ、クマーの周りに出るオーラダメージ(?)は、クリセプや新仮面の効果が乗り、さらにキョーアクに。。
くまおーぴー。










こんな理由で、アニーちゃんはTopに行ってもそのかわいさを十分発揮できるものだと思われます。

ただ・・、私自身あまりTopアニーちゃんを使わないので、もしかしたら致命的な弱点があるかも?
その辺は。。今後確かめていきましょー!(S4ももうすぐ終わるけど)





ico_Annie.jpg < カウンターPick、という意味合いの方が強いのかな?








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





たるぼうは滅びぬ!何度でもよみがえるさ!



PCのHDDがお亡くなりになり、ネット環境を絶たれた【たるぼう】氏。



一応3年間の保障期間ではありましたが、お金の支出が抑えられるとはいえ、時間的な支出の方が非常にもったいない・・・。とはいえ、自分ではどうすることもできない。
途方にくれていると、奇跡的に一度だけデスクトップ画面が正常に写り、動作は非常に遅いもののネットが使えるようになりました。




早速TS3に接続し、LoLの知り合いたちにそのことを報告。
すると、こんなことを教えてもらいました。

○マウスコンピュータはサポートがクズ。
○HDDだけの故障なら、自分で取り替えたほうが早い。
○これを機に、自分で何とかしてみることも経験したほうがいいかも?


実はこの知り合い(以下、「TS組」)、電通大の精鋭揃いでPC周りの知識が豊富、これまでに色々と助けてもらったことがありました。
そんな彼らのアドバイスなので、めんどうくさいことが大嫌いな私も一念発起。
「取り替えるだけならアニーちゃんでもできる!」と、自分で直すことにしたのでした・・・・・・。












と、長々とした背景でしたが、以下、「たるぼうのHDD換装記」として、記録に残しておきます。
もしかしたら、Windows7 64bitでHDDからSSDに変えたい!という方の参考になったりならなかったり??



◆代替ドライバを購入

今まではHDDを使用していましたが、TS組の薦めによりSSDに乗り換えることにしました。
チョイスしたのはこちら。


Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 256GB SATAIII CT256MX100SSD1Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 256GB SATAIII CT256MX100SSD1
(2014/06/05)
Crucial Technology

商品詳細を見る


・・・選んでくれたのも、TS組だったり。。

私の場合、容量は256Gもあれば十分。
このほか、もっと容量が少ないSSD+外付けの記録媒体 とする方法もあるそうでしたが、めんどくさいのが嫌いな私は一括してSSDに放り込む形をとりました。

なお、SSDの注文は実家PCを使用。
それらが無い場合は・・・、現物を買いに行くしかないのかな?








◆PC解体→HDD取り外し

後日、無事SSDが届いたため、早速手術開始。



なお、こんな感じでスマホを使い、適宜TS組の助言をもらいつつ作業を進めていきます。
この時点ではノリノリでした。そう、この時点までは・・・。




早速サイドをかぱっと開けて、中を覗き込みます。
HDDの在処は、すぐに判明しました。

DSC_0050.jpg

コンテナのような格納場所に、がっちり入っています。
なんと情けないことに、このHDDを取るのさえ一苦労。



その後、ケース内をがしゃこがしゃこしつつ無理やりもぎとって喜んでいると、その後「つながっている線だけ抜けば、HDDを取り外す必要はない」との指摘があり、落胆するたるぼう氏。
がしゃこしすぎて他の線まで抜けてしまっていたので、あわててそれらの線もさし直します。ああ、情けない。。








◆SSD装着

そしていらなくなったHDDをその辺にポイし、新しいSSDにこれまでの線を装着します。



こんなことを言っていますが、単純に上下がさかさまなだけでした。;;
よくよく見ないとダメですね・・・。




そして、ケース内に装着!
とは言っても、前のHDDよりかなり小ぶりでサイズが合わないため、



こんな感じで、ガムテープにてSSDを固定。
とりあえず、固定できればいいのです!








◆OSインストール

付属のディスクにより、OSをインストールしていきます。
問題なく進行し、無事デスクトップ画面が表示!

嬉々として、早速ネットにつなごうとするものの、なぜかつなげず・・・。
それに、画面もなんだか全体的にチャチく、小学生用のPCみたい・・・。
早速助けを求めると、どうやら各種ドライバをインストールしないといけないようで、それらのドライバはネット上からDLしないといけない、とのこと。
(OSと同じようにディスクで最初からある場合もありますが、最近のPCは無い傾向にあるみたいです)


落胆しつつ、スマホで購入元のサイト(マウスコンピュータ)を探してみると、どうも【それらしきページ】が!

一気にテンションが上がり、そのままアレしてドライバをダウンロード。自宅に持ち帰ります。











◆各種ドライバインストール

持ち帰ったドライバを次々とインストール。
流しそうめんの如く、次々と入れていきます。

1つインストールするごとに、「再起動しろ!」とうるさいのですが、全部終わってからでもよさそうな感じ。
そして再起動すると・・・

gamen.jpg

やっとまともな画面に!(画像は現在のもの)
ネットもつながるようになり、おどりながらLoLやTS3など、必要なものをごんごん入れていきます。












now.jpg

そして伝説へ・・・?





ico_Annie.jpg < 節操の無い記事だけど、勢いで書いた!








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





更新停止のお知らせ。


PCがストライキを起こし始めたので・・・、

しばらくの間、更新停止します!




修理状況にもよりますが、再開は2週間後くらいになるでしょうか・・・。



::

大体こんなふうに、毎日ブログを書いてます。



巷では、こんなのが出回っているようです。

【だいたいこんなふうにブログを書いてます、という話 –Blog @narumiさま】

ブログの「色」は人それぞれなのですが、それを差し引いてもみなさん色々なやり方で記事を書いていらっしゃるようです。
これを見て、「私も便乗しよう!」と思ってしまったので、その欲求に素直に従おうと思います。


というか、ここ最近Civ4ばっかりやっててLoLをほとんどプレイしてないプレイヤーが、何故LoLを題材に記事が毎日書けるのか、自分でも不思議なくらいなのです。
そのため、この記事はその解を見つける・・とかいう大げさな話でもありませんが、文章化することで【たるぼう】の考え方をまとめてみようと思います。






◆構想段階

朝起きて出勤し、夕方帰ってきてごぞごぞした後に寝る。
出張や残業、休日出勤も多いのですが、生活の基本リズムはこれに尽きます。
特別な職種でも無いので(ある意味では特殊ですが)、日々をふつーに過ごしているちょー一般人系たるぼうです。

しかし、ある瞬間、閃いてしまうのです。
まるで某Rサガで、スキルを新たに覚えた瞬間に頭上に飛び出る、電球の如し!


ぱりぃ


・・・例えがあまりにも面白くなくて自分でも幻滅しましたが、要は様々なきっかけでブログのネタを思いつくのです。

天からの啓示の如く、まさにビビッときます。たとえば、【バレーボールの試合を見ていて「チーム戦という点ではLoLに似てるなぁ」と思った】時などはまさにそうですね。


あとは当然、LoLのゲームを通してふと思ったことや、気付いたことを記事にすることも多くあります。
最近は全然ですが、以前は知り合いのゲームを観戦することで、図らずもネタを仕入れていたことがあります。鳥瞰することで、当人には見えないことが見えたりするんですよね。









◆文章化・整理

これが一番難しいプロセス・・・。文章をカタカタ打つのはともかく、整理するのが厄介です。ぐちゃぐちゃだと、読む気が失せますしね。

人によっては、まず「とにかく思いついたことをぶちまける」とか「キーワードを作って文章全体のレイアウトを見繕ってから本文を書く」などあると思います。
ですが、私の場合はその場のノリで、頭の中で構成を組み立てつつ一気にばーっと書いていってしまいます。


執筆
(こんな感じ)


モノによっては、すらすらと立て板を流れる水の如く書けることもありますし、何度も立ち止まりつつ唸りながら書くこともあります。
また、途中まで書いて記事全体のレイアウトを変えたり、段落をまるごと入れ替えたり差し替えたり・・ということもよくあります。

ですが、基本的に私はこのような書き方が、性に合っているようです。こう見ると、ほんとに書きながら組み立てるやり方だなぁ。









◆文字の装飾・推敲

書き終わったら、あとは初めから通して読みつつ、必要な個所に色をつけたり太字にしたり下線を引いたりします。
見出しなど、明らかに強調すべきところ!という箇所は書きつつぱぱっと装飾をするのですが、本文については後から読み直しながらする方が効率的です。




執筆1

これが・・・





執筆2

こんな感じに。


推敲も、さーっと読み流しておかしい点があれば直すくらいで、そこまでこだわりすぎないようにしています。
時には書いたら書きっぱなしで、推敲すらしない時も。記事は鮮度が命ですからね。こだわったらキリがない。。









◆アップ

そうしてできあがった記事は、毎日0時10分に投稿されるように設定され、皆様のもとに届くようになっています。


執筆3


このリズムを作るまでは少し苦労しましたが、一旦できあがってしまうとそれなりに簡単にできるようになりました。
あとはネタの心配をしていれば良いだけです。いつかは途切れると思うんだけど・・・。





ico_Annie.jpg < こんな記事書いてること自体、ネタが切れかかってる証拠だったりして・・・。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





渡る世間は 無知ばかり。


先日、【アニーちゃんが、さらにかわいくなるそうです。】という記事内で、「LoLの日本鯖がくる!」という情報をさらっと流しました。

すると、その記事を読んだ方の反応で、「日本鯖くるんだ!?」というものが意外にも多く、非常にびっくりしました。
日本のLoL界(?)でもかなり大々的に取りざたされていたので、みんな知っているものと思って記事を書いたのですが、まだご存じでない方がいらっしゃったようです。






ただ、ちょっと考えてみると、それって当たり前のことですよね。


私だってその情報は、告知されてから2日後くらいにようやく知ったクチです。すぐにその情報を得た耳の早い方々にとっては、私に対しても「え、知らなかったの?」という反応をすることでしょう。
また、もしかしたら今日明日に日本鯖の情報を得る方もいるものと思われます。私の記事で情報を得た方々にとっては、それらの方に対して同様の反応をするかもしれません。

当然です。人はどうしても、自分を中心にして考えてしまう生き物です。
「自分が知っているくらいだから、他の人も知っていることだろう」
どうしても、そう考えてしまうのです。(私はそのケが特にひどかったり・・)




しかし、逆に考えると、自分が「当たり前だと思って」持っている情報というのは、他の誰かが「意外にも」持っていない情報だということです。


アニーちゃんをメインで愛でている私にとって、彼女のAAのRangeが他のチャンプより少し長いことは、当たり前のことです。
また、Eでスタンスタックがたまることも、スタック4つで次のスキルにスタンが乗ることも、スタンの時間がLvによって変動することも、当たり前のことです。

しかし、それらの情報は、普段からアニーちゃんに慣れ親しんでいない方にとってはどうでもいいものです。
それゆえ、改めてその情報を出してみると、「え、そうだったんだ!」という反応が返ってきたりします。



もっと言えば、「意外と知らないLoL」シリーズで紹介しているように、各チャンプやアイテムの細かな性能を事細かに把握している人なんてほとんどいません。
第一、パッチで逐一微調整が入るこのゲームで、全ての知識が頭の中に入っている人なんて、プロでもそうそういないのかもしれません。
・・プロチームのマネージャー(監督?)にでもなると、話は違うのかもしれませんが。



だから、自分が当たり前だと思っている情報こそ、時には発信してみるのも一興です。
LoLユーザー間では特にツイッターがよく普及しているので、このツールを使ってみても良いでしょう。理想はブログですが・・。

みんながそうすることにより、お互いに持ちつ持たれつの情報交換が自然とできます。
その究極は、【こんなこと】になるのかもしれませんね。





ico_Annie.jpg < ほんとに、知らないことばかりです。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





コミュニケーションのエッセンス。



2週間ほど前に20kmのウォーキング(というより、ハイキングに近い山道)に参加したことから、「20km ウォーキング」というワードで何となしに検索をかけてみると、興味深い記事がありました。

【20kmを歩きながら感じたこと。 --「なっちゃんのめもがき。」さま】

数年前から健康ブームが始まり、ウォーキングやサイクリングの類も非常に人気だと聞いてはいたのですが、やっぱりこうして大規模なコンテンツとして楽しめるところもあるんですねー。



この記事の著者の方は、20kmを4時間15分くらいで歩かれたそうですが、『~15km』の段落にあるように、初めてこのような長距離を歩くとどうしても辛さが勝ります。
部活などで日々体を動かしている中高生ならともかく、あまり体を動かさない人にとっては、数km歩くだけでもしんどいもの。20kmなんてもってのほかです。

一方で、6,70歳代とおぼしきじーちゃんばーちゃんは、そのような長い道のりを平気でずんずん歩いていってしまいます。
それも、おしゃべりを絶やすことなくずーっと楽しそうに歩いているのです。高齢者のパワー、おそるべし。(というか、見た目も若々しいので実年齢はもっと上なのでしょう)







と、ウォーキングについてはそこまでとして、本題はこちら。いつものように、引用・抜粋です。

『自分のことを話せる能力』
・・・普段高専生と話すからお互いの前提知識があるけど、何も知らない人(高専すら知らない人)+おじいおばあに説明するのって自分がキレイにアウトプットしないと伝わらないって痛感した。


『相手のことを知っている知識』
人と話す上であったらいい知識の引き出しのこと。
(中略)
いろんなことを知っていたら知らない人とでも話が盛り上がるんだなって感じた。だから、自分のことが話せて相手のこともなんとなく知っていたらもう最強だなって。










◆コミュニケーション能力(笑)


よつば


実は私は、人と話すのが大の苦手です。
元々話をしているとよく噛む癖があり、それがイヤであまり話せなくなり、それが原因でさらに噛み・・・と、負のスパイラルに陥っていました。

ところが社会人となるやいなや、会社でも一二を争うほどのブラック部署に放り込まれました。
新人研修を終えた翌日から何にも知らないのに顧客とのやりとり(1人で)を任され、既存の事業(担当は私1人)に次々と放り込まれ・・、荒波にもまれまくりました。
それはもう、悲惨の一言。「LoLについて無知な人がいきなりチームに入らされ、Rankedを回していく」ようなものです。
みんな最初はそうだと思いますが、特に私は人と話すことが苦手だったため、地獄のように感じられました。最悪です。



ところが不思議なもので、月日が経つごとに話すことに慣れ始めます。
というのも、話にもコツがあるのです。こういうことを抑えておけば、たとえ初対面の人とでも問題無く話せる。そんな要所があるのです。
それが、先の引用した2つの要素です。これさえあれば、例え相手が見も知らないじーちゃんばーちゃんだったとしても、意外なほど話せちゃいます。


まず、「自分がどういう人間で何をしている」か、「どんなことをしたいと思っている」をはじめとした自分のことについて言えるか。言うまでもありませんが、そこからどんどん話が広がる可能性がありますよね。
また、話の方向性をある程度見定める上でも、非常に大事となります。ゲームをしたことの無い人にLoLを話題にもっていっても、全然面白くありません。

次に、「知識の引き出しを持っている」かどうか。
これが意外と大事で、話の広がり方が全然違います。簡単に言えば、いろんなことを知っているかどうか、です。
私などは今や田んぼのこと、イノシシほか害獣のこと、地域の有名人のこと、子どものこと、等々田舎特有の引き出しをたくさん揃えることができています。
じーちゃんばーちゃんなどは、田んぼと害獣の話をふれば必ず食いついてきますので、非常に楽です。自分と相手のことを知った上でそれに対応した知識をタネに広がらせていけば、もうそれでファーストコンタクトはOK、あとはそのままGGです。








ネット上では「コミュニケーション能力(笑)」とバカにされていますが、人と話すのが嫌いな私が経験して体得したコミュニケーション能力のエッセンスは、上記の2つに集約されます。

こう書くと簡単なように思えますが、これが実際ちょー難しいです。センス(才能)のある人はこれをこともなげにやってのけ、+αどころか+γくらいのことをこなします。
・・そういう人も、努力した上でスキルを得たのかもしれませんけどね。




長くなってしまったのでLoLでのたとえ話は避けますが、身内同士でゲームをし、その反省をしている場面を思い浮かべてください。
上記のエッセンスも、当てはまりそうではないでしょうか。





ico_Annie.jpg < とか言いつつ、人見知りは全然治らないんだけどね・・。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





ハラスの価値は。


一見自分が一方的に、相手に対してダメージを与えられる。
そんな状況においては、誰しもが積極的にハラスを行いたくなるものです。
しかし、その行動が裏目に出てしまう・・。そんな経験はありませんか?



それはしばしば、集団戦・局地戦が起こる直前、もしくは起こった後によく起こります。

ある場面を想定してみましょう。少対多でこちらが不利、敵に捕まることを避けようと全員で逃げている状況です。
そんなとき、大してダメージの期待できないスキルを、わざわざ立ち止まって(あるいは反転しスキルの当たる位置に移動してまで)相手に撃ちにいく。結果、その一瞬で距離を詰められて捕まり、敵にイージーKillを与えてしまう。

・・・金でもよく見る光景です。
何故このようなことが起きるのでしょうか?







一言で言ってしまうと、慢心でしかあり得ません。
スキルを撃って相手にダメージを与えるリターンと、敵に距離を詰められるリスクを斟酌できていないのです。

CCがあるスキルで、自分含む味方の離脱援護をするなら分かります。
言うまでもなく、意味のある行為です。不利な状況で敵に当たられまいとする、当然の行動です。
また、敵のHealthをごっそり削り、戦況を逆転させる意図があるならそれも別です。
そもそもの前提である有利不利を逆転させてしまうことで、逃げる必要どころか逆に追いかけてきたところをフクロにすることもできます。スキルを避けられたらかなりのリスクはありますが、やるだけの価値がある行動です。


しかし、中には全くの無意味であるにもかかわらず、何としても敵に対してハラスを仕掛けんとするプレイヤーが存在します。
たとえば、捕まったら即死するにもかかわらず、Qをためて歩みを遅くするVarusがいます。
たとえば、大してダメージが出ないにもかかわらず、Qを相手につけにいくサポートZileanがいます。

結果、わずかなダメージと引き替えに敵に捕まってぼこぼこにされるのです。
それだけならいいものの、捕まった味方に加勢しようと逃げていた味方も反転し、敵チームに2,3kill+オブジェクトを献上・・なんてこともざらにあります。凄まじい損失です。







ico_Ziggs.jpg Q.png W.png
(Pokeの鬼こと、Ziggs。彼のように、安全な場所からハラスができるチャンプばかりならいいが・・・)



スキルがあがっている時は、どうせなら使いたい気持ちがあるのはよく分かります。
ただ、よくよく考えて下さい。わざわざ使いにいく価値があるかどうか。

集団戦前でにらみ合っているとき、Pokeを当てるためとはいえ、味方Tankより前(敵のイニシエートが当たる位置)に出ていいのか。
1v2だけどやることもないし、「相手はMeleeだから射程勝ちしてる」と言い訳してハラスのため前に出ていいのか。

そこに敵が付け入ってきたら、あっという間に敗北の目がでてきます。特に耐久力の無い多くのキャリーは、相手がBlinkスキルでも持っていればフラッシュで一気に近づかれ、あっという間にKillを取られてしまいます。
少しのダメージを与えようとせんがために、多量のお金やオブジェクト、最悪の場合Nexusまでも失うことになるのです。



今回は例えが悪くイメージし辛い部分があったかもしれません。
ですが、「意味がないのにわざわざハラスを仕掛けに行き、捕まって倒される」という光景は、誰もが目にしたことがあると思います。

これ、ひじょーにもったいないことなので、せめて自分はしないように気をつけましょう。
ある意味、なめプにも近い行動かもしれませんよ。





ico_Annie.jpg < 思考停止 ダメ。絶対。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





プロとして極める。



プロってすごい。
突拍子もなく、そう感じた。



プロというのは、簡単に言うとスペシャリスト、1つの物事を極めに極めぬいた一握りの人たちのことを言う。
LoLにもプロゲーマーは存在するが、彼らの技術や考えは、凡人たる我々のはるか先を行っている。

それはもはや、芸術の域だ。
常人には理解しがたい情景を「まるで魔法のようだ」と形容することがあるが、彼らの研ぎ澄まされたものはまさしく魔法に他ならない。
とてもちょっとやそっとの努力程度では、そんな領域にたどり着けるはずもない。




まずもって、”プロ”になる覚悟がおそろしい。
要は、それ以外の何物をも捨てる覚悟があるということだ。
交友関係、スキル、能力・・・。人を構成するそれらの要素を、1つの分野を極めるに必要なもの以外は捨てる覚悟があるということだ。

普通、恐れを抱く。
万が一のことを考える。最終的に、何も成しえなかった時のことを考える。

加えて、人には生まれ持った才能がある。
誰もがアインシュタインになれるわけじゃない。誰もがウメハラになれるわけじゃない。
そして、誰もがプロになれるわけじゃない。
自分自身との闘い。自分には才能が無いのではないか。その永久に続く問いとの闘い。


その誘惑・幻惑に打ち勝ち、ただ一心不乱に道を突き進む。
それができる”プロ”は、心底凄まじいものを感じる。








ただ、今は”プロ”の定義も若干広がった。
というよりは、プロが活躍できる分野が広がった、と言うべきか。


たとえば、「クモの巣」のプロがいる。
学者などの類ではなく、普通の主婦。日常的にクモの巣を集めていたことから、ふとした拍子に注目を浴びた。
巣の保存方法などは、専門学者が逆に教えをこうほどだという。

「カラオケ」のプロ、なんてのもいる。
当然歌手などではなく、元は歌がひどくへたくそだった一般人。
しかし、下手だからこそ誰にでも分かるような上達方法を編み出し、今や講演で引っ張りだこだという。




LoLも、プロゲーマーという分野を考えると、新しいプロの土壌を生み出した媒体に違いない。
しかし、我々のような凡才しか持ちえないような大多数、いや、凡才だからこそ突き詰められる部分が必ずある。

それは、前述のような物事を究極的に突き詰める形ではなく、隙間を埋めるような形、非常にニッチな部分を補てんする形として存在たりうる。
そして、今の世の中は、突出した才能以外にも、身の回りにありふれすぎて視界に入らないような隙間を埋められる人々を渇望している。





一億総”プロ”の時代だ。
だからこそ、個人個人が持っているスタイルを大事にして、それを貫こう。



そして、アニーちゃんを持ちチャンプに加えよう。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





Midのすすめ⑨


Mage.gif


ちょーひさびさのMidのすすめです!
このコンテンツがあること自体、すっかり忘れてました・・・。

参考記事:【Midのすすめ⑧】


今年4回目か5回目の風邪をひいてつらいので、ぱぱっといきましょー。







【Midのすすめ⑨】
Mageの場合、5kill程度もあれば十分育って活躍できる。それ以降のKillは価値が薄くなりがちなので、可能ならばTanky DPSやADCにKillを譲ろう。
あくまで可能ならば。






「レーン勝ってKill取りまくったのに、ゲームに勝てない!味方弱すぎGG!」とか言っている人を時々見かけます。
それはある意味、逆。つまり、Killを1人が取りまくったから、ゲームに勝てないのです。

そりゃ、全部のレーンが圧勝し、チーム全体がFedしているなら話は別です。
しかし、たとえばAPCだけが5killも10killも取って、他の味方はそんなに育っていない・・ということになると、問題となってきます。
当然ですよね。敵にしてみれば、集団戦で一番育っている奴を倒してしまえば、後は楽勝モードとなってしまうのですから。



それを防ぐため、ある程度育った(たとえばアニーちゃんなら、早期にDFGが完成した場合など)と感じたら、なるべく味方にKillを譲ることをおススメします。
特に、TrynやVayneなどの終盤どんどん伸びてくるタイプのチャンプには、どんどんKillを譲りましょう。

逆に、Midでもかーさすなどの場合は、逆にKillをかき集める必要があります。
育ったかーさすは、本当に邪魔くさいよね。。





と、このすすめはMidのみならず、他レーンでも言えることでした。
いずれにしても、チャンプの型を理解し、自分と味方どちらがKillを取った方が以後有利になるのか、考える必要がありますね。

(ほんとは他にも色々うんちくを書きたいのですが、体調悪いのでこの辺で。。)




ico_Annie.jpg < アニーちゃんは小さいから、いっぱい食べさせてあげないとね!








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。