横のつながり。

連携ができない!!


と、大きな文字で書くくらい、連携した動きができません。
最近はチームRankを回す機会が多く、チームメイトが思い思いで連携をとっていこうとしているのですが、なかなかうまくいきません。

一言で問題点を言ってしまえば、「司令塔の不在」です。
ああしろこうしろ、とチームとしての動きを呼びかける人の存在無くして、広いMAPでチーム全体として、連携を図ることはできません。
殊に私などは、1人だけVCができない環境にあるため、Pingでしか指針を示すことができません。まさに「OMG」です。


それを除いても、問題は山積みです。
オブジェクトの重要度は身にしみて分かっていますが、それをどう取っていくか。
こちらがグループしてかかっても、数人でタワーハグされたら負けてしまう?それでも取りに行く?
視点を変えて、カウンターからのオブジェクト取得を主眼に置く?

Farmとグループのタイミングは?Midなら多少は分かるけど、TopとBotは?一口に連携と言うけど、具体的にどのようにするのか?

集団戦の定石は?戦略・戦術をあまりに知らなさすぎる?
チームとして相手に揺さぶりをかけることも必要では?

ゲーム後の反省会でチームメイトが分析を行う中、上記のことについて色々と考えていましたが、全く答えを出すことができませんでした。本当に無念。。



─────────



分かってはいたことですが、やはりSoloQとチームとでは、別ゲーです。
SoloQで私がMidアニーちゃんをする場合、原則として単独で動くことを想定します。
味方に頼っていては勝てない、というのが念頭にあり、たとえ味方を餌として犠牲にしても、敵の主力をバーストで葬り去ることを意識して動いています。

しかし、チームRankではそれがほとんど通用しません。
驚くべきなのは、相手がしっかりとアニーちゃん対策をしてくることです。
大抵の場合、私がFedして火力の主軸となるのですが、スタンがアニーちゃんの強みである以上、敵のキャリーにばんしー等を積まれるとどうしようもなくなってしまいます。その上チーム全体でキャリーを守られるので、アニーちゃん単独ではどうしようもありません。

だからこそ、チームとしてどう勝っていくかというビジョンが必要なのですが・・・、それさえもなかなか思い描くことができません。発想力の限界なのでしょうか;;


というわけで、チームRankに関する解説をしているブログがあれば、是非ご教示を!
こういう内容って、SoloQ向けの情報はわずかながらありますが、チーム向けのものはほとんどないんですよね・・。


アニーちゃんLoLBoardって、いつの間に使えなくなったんだろう・・。





参考:悔しいとき。

スポンサーサイト

Trinketの活用法。

wardingtotem.jpg


無料Ward。なんていい響きでしょうか。
効果時間は60秒と短いにしても、初期から視界をとれるのは非常に強力です。
(これのおかげで、Midはスタートアイテムとして、ドラリン+赤ポ×2が定番となりました。)

いつのパッチかすら忘れてしまいましたが、ゲーム開始から30秒後にTrinketを使用できるようになり、ますます使い勝手がよくなりました。
しかし、自由度が高くなった一方、今度はどこに置けばいいのかという贅沢な迷いが生じてしまいます。




そこで、魔境帯のRankにもってこいの挿し場所はこちら!

trinket.jpg

Midから見て、Bot側のぼっちBushです。ここに、とにかく最速で挿しにいきます。
なぜ最速で挿すのか、なぜここなのか。理由として、以下の2点があげられます。



◆再度使用可能になる時間
最速で挿しにいった場合、大体30秒ちょっと過ぎに挿すことができます。
しばらくの間Wardに代わるものが無く敵ジャングラーからGankを受けてしまうのではないか。と心配する必要はあまりありません!
TrinketのCDは120秒。ゲーム開始から2分30秒くらいで、再度使用可能になります。
一方、ジャングラーがLv3となり、MidにGankできるのは大体3分くらい経過した頃です。つまり、敵ジャングラーのGankを警戒する時間帯になった頃には、既にTrinketは使える状態になっているのです。
※Lv2Gankするチャンプには注意;;


◆MidがTop側でInvadeを警戒できる
Bot側をTrinketで見張り、MidレーナーはTop側で警戒できます。
魔境帯はよそ見しているプレイヤーが多いのか、せっかくBush内で警戒しているのに、近づいてくる敵に気付かずFBを取られてしまうことがよくあります。しかし、先に挙げたBushにTrinketがあれば、その心配もほぼありません。

また、「MidはLeashしなくて良い。」で述べたとおり、青側・紫側問わずジャングラーはBot側からスタートする傾向にあります。
このことから、そこにいるチャンプが多い=Invadeの確立が高いBot側にTrinketを置いて、安全を期するのです。



高レート帯になれば、より良い挿し場所やタイミングもあるでしょう。
ただ、特別それらにこだわりがないのなら、この挿し方がベターなのではないかと思います。

アニーちゃん < 敵チャンプがTrinketのあるBushに入ってきたら、フリーKillのチャンスもあるよ!




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


アニーちゃんのことを、Google先生に聞いてみる。

ワンコン天使  とは・・・







ワンコン天使





アニーちゃん  とは・・・






ワンコン天使1



アニーちゃん つまり、アニーちゃんはワンコン天使だったのだよ!!




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


愚痴はPingを鳴らしてから。

先日(と言ってもかなり前ですが)、坂本龍一さんが某所でこんなことを発言していました。
「僕が世界のあちこちに行って思うのは、管理社会の圧力が世界的に高まっているということ。極端に言えば、路上にごみひとつ落ちているものも許せないような、社会にモノ申す者を排除する力が強まっている。」
そもそも、私は坂本龍一さんという人を全く知らないのですが、この発言は今の日本の「窮屈な社会」を的確に言い当てていると思います。


一方、先日(これはつい最近ですが)ツイッター上で、知り合いと「公共交通機関の遅延」について、ちょっとした議論を交わしました。
知り合いのスタンスは「遅延は不可抗力であってもダメ」であり、私のスタンスは「不可抗力ならば遅延は許すべきで、それによって生じた損害もユーザーの責任」というものでした。内容に興味がおありの方は、私のツイッターのTLを追っていただければ見ることができます。


上記2点、枝葉では違うテーマに関する話のように見えますが、根本は同じです。
つまり、人々は完璧を求めすぎだということです。
路上にごみがひとつ落ちていることや、公共交通機関が数分遅れることを受忍できない人が増え、それらの人が空気を作り、組織を作り、社会を作っているのです。

こうなってしまうと、非常に窮屈な社会となってしまいます。
ひとたび声を上げた人が、(どんなにその内容が正論だったとしても、)他のちょっとした曇りをみんなが寄ってたかって突っつき、ボロボロにしてしまう・・という現象が起きます。
自らは声をあげず、声をあげた人を徹底的に洗って汚れを見つけ出し、そこを執拗なまでに叩く。それが現実に、当たり前となっています。


かなり話がそれているように見えますが、LoLではどうでしょうか。
どのTier帯でもそうかもしれませんが、多くの人が誰かの立ち回り・ビルド・その他もろもろの理由で「あいつのせいで負けた」と主張します。
しかし、ゲーム内でそれらを指摘し、積極的に勝ちに誘導しようとした人はどの程度いるのでしょうか。敗因を誰かのせいにしたがる人たちは、無謀なタワーダイブやバロンスタートに対し、鬼Pingでやめさせようとしたのでしょうか。
言わば「あいつのせいで負けた」というゲームの実態としては、そのような状況でも特別何もせず、チームメイトの無謀な行動を放置した結果敗北した、とさえ言い換えることができてしまいます。



─────────



日本人は往々にして、自己主張が弱いとされています。要は、自分の意見を前面に押し出さないわけです。
もちろん、出さない方が良い場合もあります。イライラして「Noob」などと煽る行為は、全くの無意味です。
それを除いたとしても、タワーを折るべきだ、ドラゴンを、レーンをカバーしてくれ、等々の主張を「阿吽の呼吸」でチームメイトに察することを要求している人が多いのではないでしょうか。

確かに意見を主張することは、相応のリスクを伴います。
その意見が間違っていた場合、チームを逆キャリーすることにもつながりかねません。その試みが失敗すれば、前述のようにチームメイトから責められることもあるでしょう。そして、それが嫌だから自分は何も言わない、という人もいるでしょう。
それはそれで全く問題ありません。しかし、一方で「チームメイトに一切文句をつけられない」という足かせをつけられていることをしっかりと認識すべきです。無謀な行動をその場で咎めない以上、その行動に難癖をつける権利は無いのです。


幸いなことに、LoLには優秀なPing機能がついているため、チャットができなくてもある程度まではPingでコミュニケーションをとることが可能です。
それを放棄し、味方の博打が運よく成功すれば甘い汁を吸い、失敗すればそれみたことかと叩くのは、あまりにも卑怯です。
博打があまりにも危険だと判断できた時、勇気をもって指摘しやめさせようとするか、一切の言葉を飲み込んで全ての結果を容認するか、それはプレイヤー次第です。




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


Rankへの渇望。

green.jpg

最近はご近所づきあいの関係上、日付が変わるころに帰宅することが多く、なかなかRankが回せない毎日です。。
おまけにお酒も飲まなくてはならず、そんな状況でまともな動きもできるわけがなく、ノーマルであむむを使い、適当に遊ぶ日々。


アニーちゃん < Rank回したいよー;;

弱点分析。

tr.jpg


PremadeでRankを回すことで、色々と自身の弱点を再確認することができてきた、今日この頃です。
覚書として、記事にして残しておきます。


◆レーンに固執しすぎ
以前記事にもしましたが、私は「とにかく1stタワーを折ってからでないと積極的にロームしたくない教」の信者の一人です。
そのため、チームメイトにもゲーム中のPingなどでそうしてほしい旨を伝えて動いてもらっていました。

ところが、「とにかく1stタワー」が最適解でない状況だって、いくらでもあります。
先日のRankの場合、TopのマッチアップがMalp vs Vladとなり、レーンはVlad優勢でタワーを折られてしまいました。
その後、Malpはどのように立ち回れば良いのか。私の持論が正しいならば、レーンに居座りFarmすれば良いことになります。
ただし、レーン上でMalpのUltが全く活かすことができないことと、VladはWによるタワーダイブ性能も優秀であるため、タワー下でも負けてしまうことが問題点として挙げられます。

私はこれに対し明確な答え(本当にレーンに居座ることが正しいのか)を出すことができず、チームメイトに誤った立ち回りを伝えていたことになります。反省・・・。


◆いつグループするか
これがどうしても苦手です。
チームで動くならば、当面の目標を達成するために動くべきです。たとえば、全レーンの1stタワーを折りにいくとか、ドラゴン周りを制圧するとか・・・。
そのためには、グループすることが必須です。しかし、私はどうしても自身のFarmを優先してしまいがちで、チャンスメイクがなかなかにへたくそなのです。

これは、目標をチーム内で共有することで少しは改善されるかもしれません。まずはそこから、なのでしょうか。反省・・・。


◆アイテムいっぱいでWardが買えない
未だにこういう状況が多く、よく「うあー;;」となっています。。
アニーちゃんを使っている際、いくら優勢でもWardを買わなければ、敵ジャングルに忍び込んでアサシンするなど「視界をとって、安全に、積極的に」行動することがなかなかできません。
ビルド順をきちんと計算していれば、このようなことは無いのでしょうか。反省・・・。



いずれにしても、ゲーム全般のことに関して、議論できるチームメイトがいることはとても幸せなことだと思います。
自分だけですべてのことを見直して改善できるならまだしも、そんな時間も能力もありませんし、指摘してもらえるというのは、トライ&エラーの質をより深めてくれるものです。

アニーちゃん < もっと戦略的にならないとだめね!




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


MidはLeashしなくて良い。

696D61676573_4E65757472616C437265657073322E504E47.png


※Midレーナーに傾注した内容となっております。あらかじめご了承ください。


Leashとは、ジャングラーが最初に狩る中立Minion(青or赤)に対し、ジャングラーの負担を減らし早く狩れるよう、ある程度攻撃を加えることです。
現在のメタではごくごく一般的に行われている行為で、例外を除いて行うべきとされています。

以前はレーナーは積極的にLeashを行い、なるべく早くジャングラーに最初のバフを持たせてやるのがセオリーでした。
しかし、昨今ではMidレーナーがLeashを行わず、さっさと自分のレーンでPushを始める場合があります。
これはどういうことでしょうか?


◆BotのLeashがあること
以前まで、青側・紫側問わず、ジャングラーが青バフからスタートする光景がよくみられました。
しかし、現在では青側は赤バフ、紫側は青バフから始めることが主流となっています。

これは、単純な人数差を考慮したものと言えます。
BotにはADCおよびサポートがいて、Topには誰かしらが1人います。
たとえば青側の場合、Midを除くと青から始めると計2人、紫から始めると計3人で狩ることとなります。
どちらが効率的か、火を見るよりも明らかです。


◆最序盤は、Pushした方が有利であること
以前も少し触れましたが、最序盤にPushすることによる恩恵は2つあります。
1つ目は、Minion差により殴り合いに負けないようにすること。
2つ目は、Lv差をつけて有利にレーニングすることです。

敵ジャングラーがLv2Gankでもしてこない限り、非常にシンプルでありながら有効な戦術です。
かつ、どのような種類のチャンプにも適用できます。アニーちゃんはもちろん、最序盤が非常に弱いとされるFizzなども、早期に経験値を稼ぐことで弱い時期を最小限にすることができます。


これらの理由により、MidがわざわざLeashに行くことは、かえって不利となってしまいます。
Top側のバフ(青側なら青、紫側なら赤)を狩るとなるといささか状況は違ってきますが、なるべくならさっさとレーンに行って、Minionをぺちぺち攻撃し始めた方が良いでしょう。


アニーちゃん < その点、味方ジャングラーがShacoだと、Leashいらなくて便利だよね!




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


TPアニーちゃんOP。

以前から少しずつ試しているのですが、やはりアニーちゃんにはテレポート(TP)がマッチする、ということが分かってきました!


tp annie
(チームランクにて、Placement4連勝の図)


以前まではFlashとIgniteをもつのが鉄板だったのですが、最近少し考え方が変わってきました。
パッチで色々変わり、メタも変動してきた、というのもありますが・・・。

アニーちゃんでTPをもつ理由として、防御スペル持ちMidレーナーの存在が挙げられます。

ZiggsやおりあななどのFarm重視のチャンプは、あまりIgniteを必要としていません。レーンではKillを取ることによる制圧よりは、ハラス・Pushによって勝利を目指すタイプだからです。
そのため、その分スペルをバリアやHealにすることで、対面がアサシンの場合でもKillを取られることなく立ち回ることができるようになります。

このような相手の場合、アニーちゃんのフルコンによるKillが非常に狙いにくくなってしまいます。
対面をKillできない場合は・・・?TPによるサイドGankです!
幸い、アニーちゃんにはそこそこのPush力があるため、TPが活きる時間帯を過ぎると、Minionを軽く一掃できます。
一掃した後(に限る必要はありませんが)、TopやBotに置かれているWardに飛び、バーストで一気に制圧してしまいましょう!

副次的な効果として、TPを十分活かすためには、MAPをよくよく見ておく必要があります。
逆に言えば、TPを持つことにより、MAPを注視することを強く意識できる、ということです。
敗北濃厚なレーンに突如TPで現れる大天使アニーちゃん。ぜひ一度、お試しください。


tp annie2 < てぃばーず!




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


たるぼうの片割れ、ようやくLv30に。

sub.jpg

「日本鯖が来るかもしれない」と言われ始めた頃(1年前?)から少しずつ成長させてきたサブ垢が、ようやくLv30になりました!

たるぼう垢はノーマルだとプラチナ・ダイヤとほぼ100%当たり、初めて使うチャンプの練習などが上手くできないため、サブでそういった類の練習をしようと考えていました。
しかし、サブはサブでノーマルレートが底辺クラスのため、味方の動きが凄まじく逆に練習できないことも多々ありました;;
いざ、Lv30にしたはいいものの、現状だと日本鯖ができた時の移動用アカウント以外の使い道はなさそうです。残念・・・。




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


Midのすすめ④

Mage.gif


参考記事:「Midのすすめ③」


「Midのすすめ」第4弾です。
・・・アニーちゃんのすすめも書こうかな。。


【Midのすすめ④】
ジャングラーと連携してGankに行くと、びっくりするほど成功率が上がる。
同時に攻撃を仕掛けるもよし、ジャングラーに先行させて敵ジャングラーが加勢し押されているところで奇襲するもよし、はたまた敵Midが寄るのに合わせてBiteするもよし。



ジャングラーほどではありませんが、他レーンに比べると、Midレーナーはゲーム全体に及ぼす力が大きいと言えます。
その最大の理由として、TopやBotの中間に位置することから、それらのレーンにささっと行くことができるからです。

Farm命のチャンプやUltで他レーンを援護・GankできるMidチャンプ以外は、何とかしてGankを決め、ゲームを良い方向に導く必要があります。そうすることでKillはもちろん、オブジェクトも獲得しやすくなるからです。
その際、ジャングラーと共にGankすることで、多くの場合Gankを成功させることができます。(4v2となりますから、当然ですね。)


一口に一緒に行くとは言っても、色々な方法があります。
たとえば、BotにGankするとしましょう。
ベーシックに2人一緒に突っ込むのもいいかもしれませんが、とりあえずジャングラーに先行させ、Midの自分は自陣Botレーンの後ろからこっそり忍び寄るとします。
敵方は2v3の状況となることから、引きはじめることでしょう。この時Killが取れれば取れたで良いのです。

しかし、こちらのGankを察し、敵ジャングラーも寄っていた場合どうなるでしょう。
形勢は一気に3v3となり、数では同じにも関わらず、不意を突かれることによって負けてしまうことが多々あります。
そんな時、Midレーナーがすぐそばに控えていれば、バーストを見舞うことで一網打尽にすることができます。(「カウンターGank」をカウンターするのです!)


また、Midレーンでこちらが姿を消した場合、対面もこちらがGankに行ったレーンへ応援に駆け付けることがよくあります。
もしバースト力があるチャンプを使っているなら、Gankに行くと見せかけて近くのBushに潜み、敵Midが無防備で近づいてきたところを襲う方法もあります。
魔境、特に銅では非常に成功率が高い方法のため、アニーちゃんやべいがーを使った際、狙ってみるのもよいでしょう。


とかく、Gank自体「不意を突く」ことが肝要です。
チャンプによるとはいえ、Midレーナーは他レーンに影響を与えてなんぼの役回りです。
Gankも、味方をエサにして追ってきた敵をカウンターする、敵のタワー後ろに回り込んで奇襲する等々方法は色々ありますが、いずれにしても、ジャングラーと一緒にGankすることもあるかと思います。
そんな時、上記のことを思い出して、行動してみてはいかがでしょうか。




★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★


プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー