味方の許せない立ち回りは、自分もできてない可能性大!



味方の欠点は、どうしても目につくものです。
反面、自分の欠点はどうしても認識し辛いものです。


はっきりと指摘してくれるような知り合いと一緒にゲームをプレイし、自分の弱みを教えてもらって克服する・・ということができる人は、恵まれている方でしょう。
多くの場合は、知り合いがいたとしてもそこまで突っ込んでプレイングの話をしないものです。だって、下手すると口げんかに発展しかねないものだしね。
かと言って、「立ち回り改善したいから気付いたこと言って」とあらかじめ断っておいても、それがなかなか実現しないのです。改めて言われると、今度は逆に気付きにくいですからね。ふしぎ。





そんな見えにくく気付きにくい自身の欠点について、おおよそではありますが計り知る方法があります。
意外と思われるかもしれませんが、味方の「こいつのこういうところヘボいなー」と思った点が、まさに自分もなっていなくて弱みになっている点ということが多いのです。

100%適用できる、というわけではありませんが、案外そういうところってあると思いませんか?

















kekagami.jpg

たとえば自分がMidレーナーで、「せっかくジャングラーがGankしやすいように引き気味に戦ってるのに、全然Gank来ないよ!」と思っているなら。
もしかしたら自分がジャングラーの時は、レーナーがわざわざ作っているチャンスを見逃しているのかもしれません。

たとえば味方のオブジェクト意識が薄く、知らない間にドラゴンやヘラルドを取られていることに対して「何やってんの、誰かトリンケット置こうよ!」と思っているなら。
もしかしたら自分自身がオブジェクトに対して意識が向いておらず、ゲームを上手く導けていないのかもしれません。






この「他人の許せない(看過できない)行動は、自分自身の欠点である」という法則は、リアル社会にも同じことが言えます。

時間を守らない人に異様に厳しい人は、自身も遅刻常習犯だったり。
優柔不断なことが絶対に気にくわない人は、自身が臨機応変に動けないだけだったり。


上述のLoLの例で言えば、冷静に考えると非は自分にもあることが明白です。
ジャングラーが来てくれないなら、Pingを出したりチャットで「引き気味に戦うからGankを」と言えばいい話だし。
ドラゴンの視界が取れておらずフリードラゴンになりそうなら、自分がトリンケットを置きにいけばいいだけだし。
それができないから、盲目的に味方だけに責任をなすりつける言動に走ってしまうわけです。自分ができてない(=弱みがある)から、無意識的に怒りを覚えてしまうのです。
















kekagami2.png

・・繰り返しになりますが、この法則は100%正しいものとは限りません。どー考えてもTrollでふざけた動きをする味方に「なんだこいつは!」と怒るからと言って、その人に非があるとは限りませんしね。

でも、こういう視点で冷静に考えてみると、他人の看過できないミスや欠点から自分の弱さが見えてくることもあります。
私の場合、Midレーンをプレイしている時のジャングラーに対する思いがそれにあたりますね。実際私もほぼ成功するGankにこだわりすぎて、強引なGankができてないからなぁ。。





ico_Annie.jpg < あくまで、人の欠点に対して怒りを覚えちゃうとか、そういうのに対してのことだよ。










★★(以下、欄外)★★


たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





スポンサーサイト

時には起こせよむーぶめんっ!



人間をざっくり分けると、自分から積極的になれる人なれない人の2種類に大別できます。
あなたはどちらでしょう?自分からフレンド申請やゲームへの招待をガンガン飛ばしていく派ですか?それともそういうのをもっぱら受ける派ですか?






というのも、先般こんな記事に触発されたのです。

【長男の「遊ぼうって言って、断られたら違う子に話しかければいいんだよ」という言葉にいたく感心した話】

思わず、「そんな時代もあったなー」と感傷に浸ってしまいました。


冒頭の質問ですが、どちらかと言うと(むしろ間違いなく)後者の方が多いのではないでしょうか。
だって、フレンド申請するには勇気がいるし、ゲームに誘うのだってそれなりに手間もかかる
おまけに相手が自分と相性が悪かったりして、気まずくなったらどうしよう・・。なんてことを考えるのが普通です。

ゲームとはいえ、画面の向こう側には生身の人間がいるわけで、そんな風に考るのは当然のこと。
そんなリスキーなことをするくらいなら、申請や招待が来るまで待っていたい。もしくは知り合いだけで固めたグループ内で組み、他の人との交流をあまり行わないでいたい。どうしてもそうなりますよね。












でも、私が言うのもなんですが。
自分から前に出た方が、絶対に楽しいはずなんです。


owowo1.jpg
※はまちゃんも、「自分で動き出さなきゃ 何も動かない夜に~」と歌ってますしね!


ゲームに限った話ではありません。他の遊びにしろ仕事にしろ学業にしろ、「仕方なく、なんとなくやっている」「自分がやろうとしてやっている」とは雲泥の差です。
汗臭い話になりますが、そこに発生する熱量が段違いなのです。みなさんの周りに少なからずいるはずの、自分から積極的に動いていく系の人々は、そんな感じではないでしょうか。


リンク先の記事でのお話も、もっともです。よくよく考えてみればその通り、遊びに誘うことが失敗しても、ゼロがプラスにもマイナスにもならずただゼロに戻っただけ。
LoLだって、プレイ人口はそれほどいないかもしれませんが、それでも相当数のプレイヤーがいます。その中の10人や20人と仲良くなれなくったって、別に構わないのです。
それ自体を失敗とすることもおかしいのですが、仮にそうだとしても、別に何ともないではありませんか!それを機にリアル生活にちょっかいを出してくるような相手ならまだしも、そんなのほとんど皆無なわけですしね。


「仲良くなれないこと=悪いこと」だとする方もいらっしゃいますが、それは行き過ぎではないのかな?と思います。
人間なので、どうしても価値観の合う合わないはありますよ!それこそ、VCできる勢とできない(しない)勢がいるように。。















owowo2.jpg

そういうお前はどうなんだ!と言われると、実は私も前者の類です;; かつ、ゲームをプレイできる時間が目減りしており、以前ほど活発に動けないのが現状です。
そんな中でも、【公式の募集版】【LJC】の該当箇所を閲覧して、良さそうな方を物色しています。何となくこの人とは合いそうかなー?と思ったら、とりあえずフレンド申請からのゲーム招待!もし合わなければそこで終わり、でいいのです!

(私のように、「前々からの知り合いがLoLから離れて寂しくなった・・」という方は多いのではないでしょうか。。)













*以下本編*

・・ということで、【たるぼう】は現在絶賛フレンド募集中だよ!私自身、ブランク+腱鞘炎でへたっぴーになってるし、Lv30になってればOKじゃないかな!
申請していただければ、もれなく「誘って良いリスト」に入り、ノーマルに引きずり回されることになるよ!実際はそこまで稼働率高くないけど!;;
もう既にフレンドになってくれてる人は、手間だけど一言言ってもらえれば、「誘って良いリスト」に入れちゃうよ!!



owowo3.jpg

・・本当はクラブ「アニーちゃん天使教団」を活用してVC無し推奨グループを作りたいのですが、やはりそこまでの時間が確保できそうにないので。。
とにかく気軽に考えてもらって、ちょっとでも前向きに「自分から楽しんでみよう!」と思ってもらえれば幸いです。受け身の時とは全く違う楽しみがあるはずだよ!





ico_Annie.jpg < LoLからPUBGに浮気して帰ってこない人、絶対多いはず;;










★★(以下、欄外)★★


たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





ガイドを見て、頭の柔らかさを取り戻そう!



ubild1.jpg



日本語ビルドガイド専門サイトができて、早1年以上。【私の目論見通り】かどうかは置いといて、かなり賑わっているようですね。

日本語情報のガイドは、どうしても英語圏のそれと量・質ともに劣ってしまいますが、特に日本鯖ができてからはじめたプレイヤーにとっては、もう救世主的な存在なのは間違いありません。
だって、「移動速度」とか「魔力」とかいう単語に慣れてる人が、いきなり海外基準の「MS」「AP」等々の単語に適応できるはずがありません。まさに求められている時に出来上がるべくして出来上がったサイト、と言えますね。



さて、これらのガイドですが、一般にLoLに慣れきっていない初心者~中級者が見るもの、もしくは初めて触るチャンプの指針として見るものと思われています。
実際その使われ方が大半でしょうが、一方でその道に通じた熟練者が改めてガイドを閲覧する、ということもあるのではないでしょうか。
















ubild2.jpg

自分1人の考えだけでLoLをプレイしていると、立ち回りやビルドは必ず固定化してきます。
良く言えば「自分のスタイルを確立」しているわけですから、責めを受けるべきものではありません。が、立ち回りの幅を広げたり、もうちょっと先に行きたい時に、この固定概念はどうしても邪魔になってきます。


そんな時に、ガイドの出番です!
自分と違う他人が書いたガイドは、当然ながら自分と違う考え方や視点を基に書かれています。考えていたよりはるかに自身の見識が狭く、頭がカッチカチになっていたのかがよく分かるはずです。

たとえば、アニーちゃんのガイドも私の他に数多く執筆されています。
そうしたところからヒントを得て試行錯誤を繰り返したり、選択肢のひとつに加えることができたりします。何より、自分以外の人の思考を目に見える形で見られること自体が、ちょー楽しい!







なので、もしあるチャンプに対して行き詰まりを感じたら、他者のガイドを見て自らを振り返るのも一手です。
もちろん、プロ級プレイヤーのゲームを観戦してもOKです。ただそれだと、立ち回りやビルド選択の理由が明かされず、あまり身にならないこともありますが・・。





ico_Annie.jpg < アニーちゃんガイドに「かわいい」の文字が入ってたら、大抵良ガイド!










★★(以下、欄外)★★


たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





ボイスチャットできない人もいるんだよ!



ボイスチャット(VC)、使っていますか?
私は使っていません。ゲーム環境的にも色々問題があり、使えないのです。

ところが最近は、VCを使えることが当たり前だと認識され過ぎていませんか!
だめだ。このままでは。このままでは私たち「VC使えない勢」が駆逐されてしまう・・。



なので、「VC無くてもLoLは楽しい」キャンペーンを開始します。
きっと賛同してくれる人は、少なからずいるはず!

















◆VCのデメリット

fc0b01fe10a0b8c602fb0106d8189d9b.png


VCのメリットなんて、いくらでも挙げられるので割愛します。
問題はデメリット。どんな悪影響があるのかということなのです。

具体的に考えてみると、集合住宅で声を出せないとか同居人との兼ね合いがあるとか町内放送で身バレの危険性があるとか実は悪態ついちゃうのがクセで人に聞かせられないとか声や発声・方言にコンプレックスがあるとかえとせとらえとせとら・・。

いっぱいあるじゃないか!
逆に言えば、これらの問題をものともしない洗練されたプレイヤーのみなさまが、VCを使うことができるのです。すごい!











































まぁ、結局のところ「自意識過剰すぎ」という一言に論破されるんですけどね;;

住居の物理的な問題はともかくとして、声のコンプレックスやら身バレやらというのは、実際のところだーれも気にしてなんかいません。たぶん。
なので、単純に「恥ずかしがり屋さんがVCできない」と考えた方がカンタンなのではないでしょうか。
ちなみに私自身も、音が漏れやすい古いアパート住まいのためVCはできないのですが、仮にそれがクリアできたとしてもVCはやらないでしょう。だって恥ずかしいもの!!










・・ということで、全く「VC無くてもLoLは楽しい」キャンペーンになっていませんが。
VCをバリバリやっちゃうよーという方は、こんな恥ずかしがりな人たちもいるんだなー、と思っていただければ幸いです。ほら、誰にでもできないことはあるし、多少はね・・?


書いてて思ったのですが、「悪態をつきがちなのでVCしたくない」という人も、それなりにいそうですね。
誰かを責めるとかそういう意図ではないのですが、つい口に出ちゃうことってありますから。そうした場合は、VCすることよりもしないことのメリットの方が大きくなりそうです。





ico_Annie.jpg < VC勢とチャット勢、仲良くしよう!










★★(以下、欄外)★★


たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





「ひとつのチャンプを極める」vs「いろんなチャンプを扱える」



よくタイトルのような論争が散見されます。
たとえば、「アニーちゃんだけを極める」のがいいのか、それともマルザやカシオペアやヤスオ等々をマルチに使うのがいいのか。

ある程度LoLをプレイしている方ならお分かりのとおり、正味どっちでもいいことです。
よく、「ランクで効率よくMMRを上げて上にいくなら1体を極めた方がいい」と言われていますが、その方針で楽しくないのならゲームの意味がありません。個々人で自分に合った、好きなやり方でプレイしていればそれでいいのは自明のことです。












ubki1.jpg


・・ふと思ったのですが、この論争、「どのようにして武器を用い敵を打ち倒すか」という風に言い換えられるように思います。まだLoLを始めて間もない方には、この例えの方がしっくりくるかも。

要は、チャンプとは武器です。現実世界でも、剣や弓、槍など様々な武器がありますよね。あれと同じで、LoLにおいてチャンピオンとは自分が操る武器そのものなのです。
当然、武器の使い方は人それぞれ。上泉信綱よろしく剣の道を追及するもよし、忍者よろしく様々な武器を臨機応変に使いこなすもよし。そこに正解などないのです。





ふつーは色々な武器を使えた方が便利良く、優れていると思いがちです。
ですが、優れた武器の使い手は、武器同士の相性の良し悪しを覆してしまうほどのポテンシャルを持っています。刀1本で矢を弾き槍を跳ね上げ、懐深く切り込んで一刀のもと切り伏せることだってできるわけです。そう、アニーちゃんが対面ラックスに勝つことが、決して不可能ではないように・・。


とはいえ、やはり敵の武器を見て自らの獲物を変えることができるのもまた非常な長所です。
剣には弓、弓には鎧、鎧にはモーニングスター。相性差だけで彼我の戦力差はぐんと縮まりあるいは広がり、自身の有利を作り出すことができます。
ことLoLにおいて、相性差によりTier1つ分もの実力差が生まれてしまうとの声もあります。これはすなわち、シルバー1とゴールド1のレーン戦でも、相性で有利となれば互角の戦いとなるということ。物凄く大きな要素ですよね。









ubki2


なので、初心者の方はまず「LoLにどんな武器が存在しているのか」を知る必要があります。そのためには、いろんなチャンプを使ってみることです。
私自身、今でこそアニーちゃん+α一筋ですが、以前はジャックスやゼドなどをはじめ、色々手を出してきました。その過程を踏んだ上で、今の状況にあるわけです。


どちらの方向性にせよ、楽しくプレイできていれば、自然と腕は上がってきます。
それから考えるくらいでも、全く遅くはないくらいだよ。





ico_Annie.jpg < 鎧は武器じゃないんだけどね・・。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー