ボツ袋4枚目。 ~CDRはどこまで積むの?~



ご無沙汰していたボツ袋コーナー、久々にいってみよー。
・・ねむい。









◆CDRはどこまで積むの?

CDRアニーちゃん、いいですよね。さくさくスキルが回せてらいずにでもなった気分が味わえます。って・・それは言い過ぎか。
青ルーンにCDRを入れることで、マスタリーや鬼本などと合わせて-40%CDRを確保することで、ぽんぽん炎を放つアニーちゃんが拝めます。40%にこだわる必要性は無く、鬼本とマスタリーだけでもその恩恵はかなり感じられるはずです。

ところで、この「CDR特化型アニーちゃん」を育てる際に、気をつけるべきことが1つだけあります。
ずばり、スキルのLvアップ順です。




○DPSを上げるということ

よくよく考えてみれば、




・・ここまで書いて、これはだめだと筆を置きました。

というのも、ここで書こうとしたのは「どうせCDR積むなら最大の40%まで積もうよ」といった趣旨のもの。中途半端にルーンやマスタリーだけよりも、CDRに手をつけるならいけるところまできっちり注力しよう!と言いたかったわけですね。
加えて、アニーちゃんでCDRを稼ぐということは、強いて言うならQの回転率を上げてDPSを稼ごうという目的が大きいものであるとして、Q上げを推奨しようとしていた記事でした。





ただ、それって一概にはなかなか言えないものですよね。

たとえばARやMRなら、方向性は違いますが似たようなことが言えたかもしれません。
これらのステータスは、最初(数値が0に近い状態)では少し積むだけでかなりの効果が出ます。10や20増やしただけで、何十%も敵からのダメージをカットできます。
ところが終盤、すでに100や200の防御を確保している状態でそこに上乗せをしても、得られる恩恵というのはほんのわずかです。それならある程度防御力を確保したら、そのあとはHealthや補助ステータスを積んだ方が安定します。要は、反比例しているのですね。



一方、CDRは効果が一律です。
たとえばアニーちゃんのWはCDが8秒ですが、CDRが10%なら0.8秒カット、20%なら1.6秒、40%なら3.2秒と効果が比例しています。

ということは、「ある程度まで積んだらもういらない」とか「積むなら最後まで積まないと意味が無い」とかいうことはなかなか言えなくなってしまいます。アニーちゃんでさえ、それこそ臨機応変となってしまうわけですね。
当然、マスタリーだけでCDRを確保するもよし、ルーンとマスタリーにするもよし、40%にするもよし。極論ですが、CDRを全く確保しないのも良いということになります。・・さすがにそこまでいくと、正直微妙ですが。




うまい人ともなるとその辺もきっちり考えて、調整してるんだろうなぁ。





ico_Annie.jpg < 私はめんどうなので、いつも気分!








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





スポンサーサイト

知恵袋の”ボツ”袋。 ~3枚目~



春といえば、ボツ記事が氾濫して【たるぼう】が処理に困る季節。
【この前】痴態をさらしたばかりですが、次いってみよー!




※ひじょーに長いので、引用文は飛ばし読み推奨。






新年度を間近に控え、いよいよ本格的な就活シーズンがやってきました。

http://job.mynavi.jp/conts/2016/schedule/

最近の就活市場はイマイチどうなっているのかよく分かりませんが、なにやら国や経団連が動いた結果、就活スケジュールがだいぶ変わってくることになるのかな?
これからの時期、街にはリクルートスーツをぴしっと着用した量産型就活生がはびこり、その中の一部の人は就職先が見つからず、さらに一部は「あの世」に永久就職してしまう・・といったことが起こるわけです。

・・一種の社会問題ですよね。





かくいう私も就活にはひじょーーーに苦労しました。

何せ、学生時代の私は「吃音」のケがあったのです。頭の中では考えがまとまっているのに、上手く口に出すことができないことが常でした。
そのせいで混乱して頭の中がぐちゃぐちゃになり、さらに口からは言葉が出ず・・といった負のスパイラル。職場の同期からも、「集団討論の時の○○は、どもりすぎて何言ってるか分かんないくらいだったよ」と言われたほどです。



そんな人間が、面接を突破できるはずもありません。
筆記試験は難なく通るものの、面接となるととことんダメになり、ことごとくハネられてしまいました。
それを受けて、いわゆる「就活シンドローム」のような状態に。自分はダメダメなんだ・・と自己暗示をかけてしまい、さらに面接は以下略。
研究にも身が入らなくなってしまい、どんどんと深みに沈んでいきました。






最終的に自分と相性の良い人事とあたることができ、その結果今の会社に就職が決定したわけですが、とにかくそこに至るまでが苦境の極みを呈していました。
さすがに命を絶つことまでは考えなかったものの、「人生終わりだ・・」くらいのことは考えていたように思います。本当はそんなことないのにね。


という長い前置きでしたが、ここではWeb上に氾濫している「面接時に注意した○つのこと」とかいうお題目で書いていきたいと思います。タイトルと違うのは仕様だよ。
今まさにエントリーシートをカキカキしている君はもちろん、まだ高校生・大学1,2年生の方々にも有意義な情報となるはず?













◆面接なんてテキトー

()

第一に念頭に置くべきはこれ。面接なんて、実はたいしたことないイベントなんです。


・・いや、分かります。
確かにあなたの前にずらずらと並んでいる人々はその会社の中枢を担うような人材が多いですし、そんな人たちはそもそも人生の大先輩。会社を支える大御所がわざわざ出張ってきて「入社希望者の人を見る」のですから、萎縮してしまうのは仕方がありません。

それに、だいぶ昔から「コミュニケーション能力重視」なんて言われていますから、それを見極める土壌がどーでもいい舞台であるとはなかなか考えられません。緊張して当たり前です。



ただ、面接官が見てるものって、学生が想像しているものとはかけ離れている場合があります。



たとえば、彼らが重視することは「面接で何を話したか」や「応募者の考え方」などではないかもしれません。
人づてで聞いたことですが、実際に面接者の「能力」ではなく、「年齢」で採用が決まるということもありがちだ、とのこと。(※この例は、仕事内容が誰でもできるような簡単なものだからこそ、ではありますが)
そうなると、いかに立派な経歴を持ち、いかに仕事ができそうであってもあまり意味をなしません。言うまでもありませんが、いかに「面接の現場で上手く話せるか」なんてもってのほかです。



つまり、どうやっても成功しない場面、いくら頑張って「正しい面接」をやっても報われない場面というのが確実に存在します。













・・ここで話をまとめることができないと悟り、うなだれてペンを置いたのでした。。
それなりに良い記事が書けそうだったんだけどなぁ;;




ここで言いたいのは、つまりこういうことです。


面接って、難しそうですよね。採用担当者どころか、社会人自体みんなスーパーマンに見えてしまいます。
ところがその実は、簡単なんです。面接は、自分のことを話すだけの場。採用担当者は、ただのおっさん。社会人もみんな、穴だらけのろくでもない人間ばかりです。



そうして社会に入り、働き始めるとそういうことが次第に分かってきます。みんなバカばかりに見えてきます。
そうすると、「中身の中身」が実は難しいことに気付いたりします。この前までどーしよーもないほど使えないと思っていたおっさんが、実は幅広い人脈を持ってチームを底から支えているすごい人だったり。知らない間に自分のことを影で支えてくれていたから、今までやってこれたんだ、と気付いたり。

そうしてはじめて、自分の存在のちっぽけさに気付いて絶望するわけです。これ、かなり多くの人が通る道だと思うんだけど、どうだろう。






今回の記事のニュアンスは、「就活Tips」です。ただ、私が言いたかったのは上に書いた「若気の至り」について。
そのため、記事の内部で剥離が起きて、まとめきれなかったのですね。うーん、自分で書いてて納得。。

・・・以後気をつけます;;





あにー < もったいないなぁ。









★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





知恵袋の”ボツ”袋。 ~2枚目~



久々の【ボツ袋】コーナー、張り切っていってみよー!






以前書いたような気がしていたことなのですが、ブログ内を検索してもヒットしなかったので、改めて書いてみます。
きっかけは、こんなツイートから。・・と思ったのですが、該当のツイートがどうしても見つけられないので、うろ覚えで内容を書いてみます。

(【】の記事を見て)
勝っても負けてもヘラヘラっていうのが、どうしても理解できないんだよなぁ。

同じく、私も理解できません。ただ、絶対に、確実にそういう層は存在しているはずです。勝っても負けても、ヘラヘラとは言わないまでも、身内同士でわーきゃー遊べればそれでいいという層が。
彼らは彼らなりの楽しみ方でLoLをプレイしているだけなので、単に私のような「上手くなっていくことが楽しみ」であるプレイヤーとは接点を持たないようにするだけで何ら問題は発生しないでしょう。
・・一応言っておきますが、彼らのプレイスタイルをけなしているわけでは全くありません。




※以降、あくまでたるぼうの個人的な「LoLの楽しみ方」に入ることになるので、そこだけはご注意ください。












◆向上心のないやつはばかだ


中学か高校時代、国語の教科書で夏目漱石の「こころ」を読んだ時にこの語句を見つけ、「何を当たり前なことを」と思ったことをよく覚えています。







・・あまりに短すぎて、これだけでは何が言いたかったのかすら分かりませんね;;

とにかく、上記の「ヘラヘラが理解できない」というのに衝撃を受け、とにかく何か書いてみよう!と思ったところ、早くも挫折したケースです。
夏目漱石作「こころ」の名言を引用し、私はこういう考えだけど全く正反対の考えを持つ人もいるよ!ということを言いたかったのでしょうか・・。







ちなみに、「こころ」を読んだのは私がまだ中学生の頃でしたが、当時は深く読み込むことができず、件の名言も額面通り受け取って流していました。
改めてぐぐってみると、【こんな考察】もあり、言うまでもなく深いであろう2人(主人公・K)の心情が描かれているようですね。







少し脱線しますが、向上心が高いことは良いように受け取られがちである一方で、ストイックすぎる面も持ち合わせています。
ともすれば、Kのように自分で自分を追い込んで破滅に陥ることもしばしばあるでしょう。

ところが、そうは分かっていながら「もっと楽に考えよう」という思考に至ることができないのが、大きな難点と言えます。
こと勝負事になると、どうしても熱くなってしまい、冷静に考えることができなくなってしまうことも要因の1つですね。



こういう時は、一旦その物事から離れるのが一番である気がします。
離れられない時は・・どうすればいいのでしょうか;;





あにー < 逆に向上心が全く無い人も、正反対の悩みを抱えてるのかな・・。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





Riftり物語。


・・・すでにRiftを見わたせば、青側のチャンプはほとんど生き残っておらず、硝煙の中で駆けまわっている者といえばほとんどが敵軍だった。



かれらはTeemoをさがしている。



ついに紫側のキャリーでNoxusきっての剛勇といわれるDariusが、数間むこうのBushのあいだを駈けぬけようとしたとき、ふと赤トリンケットでオラクルを焚き、おどろいてSキーを押した。

青側の生き残り、Teemoを見たのである。

Teemoは、小さなBushの真ん中に身をよせ、なお自軍をキャリーしているような、傲然としたつら構えでステルスしていた。

Dariusについては、前章ですでにふれた。Topレーナーで対面の毒ハゲを木っ端微塵にし、スコアが12/0/4という男である。






Teemoは、蠅でも見るような目で、この紫側第一の豪傑を見た。

Teemoはゆっくりと立ちあがり、装飾麗しい右手の吹き矢に口をつけ、やや眼をほそめてDariusの動きを見さだめてから、

ひゅっ

と、毒矢を放った。

同時に、Dariusの斧が伸びた。その引き寄せをTeemoは敢えてその身で受け、さらに第二の矢を吹いた。DariusはSpirit Visageで矢をものともせず受け止め、斧をみじかく繰りこんだ。

Teemoが右足をあげ、大きく後退しようとすると、Dariusの斧が横殴りにその足をはらった。

TeemoはすかさずBlindでDariusの眼を潰し、その一撃を軽やかに避けた。

そのときである。背後から1体、疾風のように駈けてきた者がある。Teemoがあっと気付いたときには、残像が肩さきを跳びこえ、跳びこえる瞬間、

「Observe」

と、一瞬で3太刀をふるってTeemoの首の付け根をざくりと斬った。





紫側のKS厨、Master Yiである。








国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)
(1971/12/22)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る





いざ書いてみたら、あまりのつまらさなさに笑った。

笑った・・・。



でも本物はちょーいい作品だから、読んでみてね!;;





ico_Annie.jpg < ボツ袋行き!








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





知恵袋の”ボツ”袋。 ~1枚目~


ブログの投稿記事を一覧で何気なく見ていると、あるテーマについて書こうとしたけど上手く書けなかった「ボツ記事」を見つけました。



私の場合、1つの記事を作る過程として、ぱっと閃いたことをとりあえずばばばっと書き出してみることから始めます。
ある程度全体を整えつつ書き上げ、装飾して軽く見直し、OKならそれをネットの海に放流するのです。・・なにこれ、子育て?

この一連の工程、書き出してから放流までに、大体1,000文字あたり25分くらいかかります。2,000文字だと50分、約1時間ですね。
どちらかと言うと、文章を書き上げるよりも、良さそうな画像を見繕ったり装飾を施す過程がめんどくややこしく、時間を取られてしまいます。



しかし、記事の中には私の頭でまとめきれておらず、書き出しは良いもののそれ以降が上手く書けない・・というものも多くあります。
それでも書き切れれば御の字ですが、一部はつまずきから起き上がれずじたばたすること20分、「だめだ!やーめた」と放棄され下書きの海に沈んでいるものもあります。

せっかく途中まで考えて書かれたのに、もったいない・・・。
そう考えた【たるぼう】は、この永遠に完成しない下書きを「知恵袋の”ボツ”袋」と命名し、あえて未完成品を放流しようと考えたのでした。
ほんとに未完成品だから、見て面白いものかどうかは分かりませんが;;





その「ボツ袋」、記念すべき1枚目のタイトルは、『タイトルなし』です!
・・・タイトルもつけられていないとは、かわいそうに。。

以下、枠線内が記事本文です。




社会人として仕事をする際、仕事のやり方が分からなかったり、どう対応すれば分からない案件が出てきた場合、どのように処理しますか?

・・・一応LoL関係の記事ですよ!




task.jpg

(求めれば、アドバイスはたくさんありますが・・・)




リアルで仕事をしていると、どうしても対応に困ったり、どうすればいいか分からない案件が出てきます。
その際、多くの場合は誰かに相談し、助力を求めることで解決します。3人寄れば文殊の知恵、というのはなかなか本当なのです。

何にしても、知識や経験に乏しい人が1人で考えてたって何も始まらないことは多々あります。
そんな時は自分より知識も経験も豊富な人にアドバイスを求めることによって、状況は劇的に改善します。さすが人生・職場の先達。難しいことは何でも押し付けちゃいましょー。



ただ・・、問題に対して先輩諸氏が



結局のところ、何でもかんでも聞けば良いというものではありません。
自分で手を動かし頭を動かし、必死になって汗をかいて習得する。そういうプロセスを経て、




この不完全燃焼感!
私自身見直してみて、こんなもの出して何になるんだろうか・・と思いましたが、もういいややっちゃえ


簡単に記事の解説をすると、「自分で動いて得たものこそ至高である」ということを書こうとしたものです。

リアルでの仕事を例に出して、「聞いた方が良いことはあるけど、自分が動いて得たことはしっかり身につく。だから自分でやってみて、体に直接叩き込むことは大事だよ」という内容ですね。



こうしてまとめてみると、何とも他愛のないことではありますが、私の性質上何でもストーリー風にして書かないと気が済まないという、まことに面倒くさいやり方をしています。
【バレーボールでNoobって言ったらどうなるの?】の記事のように、みんな当たり前のように知っていることでも、こうして別の分野(別の立場)で考えてみると、「ああ、なるほどね!」とハラオチすることもあるかと思います。
そんな感じで具体例を出しつつ、読んでいて飽きが来ず、かつ役立ちそうなことについて書くことを目標にしています。

・・実際読みやすく役に立つかどうかは、分からないけどね!






という感じで、下書きとして埋もれていた記事を引っ張り出し、天日干しにしながら過去の私をディスるという味付けをして、海に放流するという慈善事業を展開していこうかと思います。
これなら後先考えず思いついたことをばばばばっと書き出せるし、一石二鳥だね!





ico_Annie.jpg < 未完成品を日の目に出すって、面白いと思ってたけど、案外そうでもないなぁ。。








★★(以下、欄外)★★


そもそも、たるぼうってだれ?(プロフィール)

アニーちゃんって、どうやって育てるの?(ビルド)

この記事等について、聞いてみたい!(Ask.fm)


★★(欄外おわり)★★





プロフィール

Tarrubou

Author:Tarrubou
LoL(League of Legends)に関する初心者~中級者向けのTipsや、魔境日記を書いていくブログです。
ご指摘・ご質問その他については、【Ask.fm】までどうぞ。


Summoner Name-Tarrubou(メイン)、tenmix(サブ)
Twitter-【@Tarrubou】

戦歴
【Tarrubou】
S3:銀
S4プレ:金5
S4:銀5→銀3→銀1→金5→金3
S5:金2(2/22)

【tenmix】
S4:銀1→金5→金3→金1→プラ5(11/2)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ記事
◆Midのすすめ
    
   
◆Wardってなに?
  
◆資源の価値と、立ち回り。
◆積極的にFeedしましょう。
◆マルチタスク
◆バレーボールで「Noob」って言ったらどうなるの?
◆愚痴はPingを鳴らしてから。
◆敵ジャングルに入らずば 勝利を得ず。
◆「ついで」に上手くなろう。
◆考え方のクセを変える。
◆知識ゲーであるLoLで、本当に役にたつもの。
◆諦めるという選択肢。
◆うわっ…私のビジョン持続しすぎ?
◆Pingで責任を問われたくない方へ
◆赤トリンケットでステルスかん・・・ぱ?
◆toxic player憐みの令。
◆観戦する時に気を付けたいこと。
◆死ねば助かるのに・・・。
◆レーンで負け続けたら一歩前へ。
人気記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
きまぐれ配信
※マイク無し。声はTSの知人のものです。 Watch live video from Tarrubou on www.twitch.tv
かうんたー